50代・60代のシニアにおすすめな人気の婚活サイト・アプリ

50代・60代以上の中高年からシニアになってからの婚活なんて…。そんなふうに、あきらめていませんか?

いくつになっても、パートナーと素敵な人生を歩んでいきたい。そんな思いを応援し、叶える手伝いをしてくれるのが婚活サイトです。結婚相談所のように多額のお金をかけなくても良縁に巡り合うチャンスがあるため、登録しない手はありません。

当記事では、50代・60代以上の中高年からシニア向けの婚活サイトをご紹介。あなたに素敵なご縁を運ぶサイトが見つかるよう、祈っています。

目次

50代・60代以上のシニア向け婚活サイトのデータ比較

50代・60代以上の中高年からシニア世代からの婚活を考えると、どうしても不安があるかもしれません。

  • どこへ行けば出会いがあるの?
  • 結婚相談所は料金が高い
  • 婚活していることを周囲に知られたくない

これらの問題をクリアにしてくれるのが、婚活サイトなのです。確かに、婚活サイトは若い世代に人気のサービスですが、恋がしたい・結婚がしたい思いに年齢は関係ありません。結婚に対して真剣度の高いサイトであれば、幅広い年齢層の人が活動しています。

ここでは、大手婚活サイトの各データを一覧にして比較していきます。あなたの婚活を助けてくれるサイトを見つけましょう。

全体の会員数および50代・60代以上シニアの会員数データ

スクロールできます
サイト/アプリペアーズマッチドットコムゼクシィ縁結びブライダルネットユーブライドYahoo!パートナーエキサイト婚活マリッシュwithOmiai
会員数約600万人約187万人約30万人約40万人約100万人約490万人約250万人約10万人約80万人約250万人
年齢層20代~30前半20後半~30代20後半~30前半30代~40前半30代~40代30代~40代30後半~50代30代~40代20代20後半~30代
10代の
会員割合
約10%約10%約3%約3%約10%約20%約20%約20%約1%約10%
真剣度×
  • 月額料金は1カ月プランで比較しております。

一般的な婚活サイトのメイン利用者は20~30代の男女ですが、中には40代以降の利用者が多いサイトも存在します。

20代・30代と同じ土俵に立って活動するのは賢いやり方とは言えず、出会いのチャンスも減ってしまいます。50代・アラフィフ世代の婚活は、婚活サイト選びが結果を大きく左右する!と言っても過言ではないのです。

それを踏まえておすすめできるのは、excite婚活やmarrish、Yahoo!パートナーなどです。活動年齢層が高めのサイトは、その分結婚に対する真剣度も高い傾向があります。真面目な出会いを探すのにぴったりなんですよ。

婚活サイト・マッチングアプリの提出証明の有無の比較

スクロールできます
サイト/アプリペアーズマッチドットコムゼクシィ縁結びブライダルネットユーブライドYahoo!パートナーエキサイト婚活マリッシュwithOmiai
氏名
(※)

(※)
××
年齢
Face
Book

(※)

(※)

(※)

(※)

(※)
×
(※)
独身×
(※)
×
(※)

(※)
×
(※)
×××
収入×
(※)

(※)

(※)

(※)
×
(※)
×××
勤務先×
(※)
×
(※)
××
(※)
×××
学歴×
(※)

(※)

(※)

(※)
×
(※)
×××
住所×
(※)
×
(※)
××
(※)
×××
資格×××
(※)

(※)
×××××
  • 必須ではなく任意で提出になります。

多くの証明書を提出しなければならない結婚相談所と違い、婚活サイトではほとんどの書類提出が任意となっています。結婚を前提とした真面目な出会いを希望する場合、できるだけ提出証明書が多く設定されている婚活サイトが狙い目です。

また多くのサイトで「証明書を提出済」なのがプロフィール上でわかるように表示されるので、信用できる相手だけを選んでアプローチすることも可能です。

婚活サイト・マッチングアプリの料金(費用)の比較

スクロールできます
サイト/アプリペアーズマッチドットコムゼクシィ縁結びブライダルネットユーブライドYahoo!パートナーエキサイト婚活マリッシュwithOmiai
男性¥3,980¥3,980¥4,298¥3,240¥3,980¥4,200¥3,500¥2,980¥3,400¥3,980
女性無料¥3,980¥4,298¥3,240¥3,980無料¥3,500無料無料無料
支払方法クレジットカード
Google Play
Apple ID
クレジットカードクレジットカード
Google Play
Apple ID
クレジットカード
コンビニ(後払い)
銀行振込(後払い)
コンビニ決済
銀行振込
クレジットカード
電子マネーなど
クレジットカード
Google Play
Apple ID
クレジットカード
コンビニ決済
電子マネー
銀行振込
クレジットカード
Google Play
Apple ID
コンビニ決済
クレジットカードクレジットカード
Google Play
Apple ID
コンビニ決済
  • 月額料金は1カ月プランで比較しております。

婚活に結婚相談所ではなく、あえて婚活サイトを利用する大きなメリットの一つが費用です。入会金から月会費、成婚料まで含めると数十万円というお金がかかる結婚相談所と比べると、婚活サイトは非常にリーズナブルですよ。

一方で、低価格で利用できる分軽い気持ちで会員になる人がいるというデメリットもありますが、月会費が男女同額の婚活サイトを選ぶことでそのリスクを抑えることができます。

「婚活にあまりお金をかけたくない」「でも安心できる良い人と出会いたい」そんなニーズに応えてくれるのが、婚活サイトなのです。

50代以上におすすめの婚活サイト・マッチングアプリ

ここまでは一覧でデータを見ながら、各婚活サイトを比較しました。ここからは、より具体的なサービスや特徴について紹介します。

会員の年齢層や結婚への真剣度などを重視し、50代・アラフィフ世代におすすめの婚活サイトをランキング形式で並べているので、サイト選びの参考にしてください。

marrish(マリッシュ)

marrish(マリッシュ)
特徴
  • 50代会員は約20%在籍
  • 再婚者・シンママ・シンパパ優遇
  • サイト内で動画プロフィールや音声通話が利用可能

恋活や婚活だけでなく、再婚活も手厚くサポートしてくれるのが特徴のマリッシュ。年齢を重ねるごとにさまざまな理由で婚活を難しいと考える人が増えますが、マリッシュはそういったハンディを背負った人にも婚活しやすい環境を整えてくれています。

カップルが成立する平均的な期間は、約3ヶ月半と短め。再婚者・シンママ・シンパパ優遇プログラムも充実しており、良い出会いに期待が持てますね。

システム面での大きな特徴は、動画プロフィールやマリッシュ内での音声通話ができること。会う前に相手がどんな人なのかを知ることができるので、安心して婚活に臨めます。

ブライダルネット

ブライダルネット
特徴
  • 大手結婚相談所も運営しているIBJの婚活サイト
  • 一人ひとりにサポートスタッフ「婚シェル」がつく
  • 50代会員は約3%在籍

大手結婚相談所のIBJが運営している婚活サイトなので、真面目な出会いを求めている会員が多いです。また、出会いから交際、成婚に至るまでのノウハウが豊富なので、安心して婚活をお任せできるのが魅力。成婚カップル数は年間で約7500名と、確かな実績もあります。

会員一人ひとりに婚活を熟知したサポートスタッフ「婚シェル」がついてサポートしてくれるため、恋愛や婚活に慣れていない人も安心です。

youbride(ユーブライド)

ユーブライド
特徴
  • 50代会員は約10%在籍
  • 再婚希望者も多数活動
  • 長年の運営実績があり安心

ユーブライドは19年間に渡る運営実績があり、累計利用数170万人以上、2018年の成婚退会者数は約2500人という老舗の婚活サイトです。

平均年齢は30~40代とやや高めな分、結婚に対する真剣度の高い会員が多く、50代からの婚活にも積極的に利用したいサイトの一つと言えます。また再婚希望者も多く、50代で新たな出会いを探している人にとって心強い会員構成となっています。

Yahoo!パートナー

Yahoo!パートナー
特徴
  • 会員数約490万人と多数で年齢層が高い
  • 50代会員は約20%在籍
  • 簡単操作でとっつきやすい

Yahoo!パートナーは、Yahoo! JAPANが提供する国内最大級の出会い応援サイト。国内最大級の会員数を誇り、毎日約7000組がマッチングするなどアクティブ率も高いのが特徴です。

メイン年代層は30~40代とやや高めで、50代会員も全体の2割ほど活動しています。全体の会員数が多いため、たくさんの出会いのチャンスがあるはずです。

趣味や好きなものからお相手探しができるので共通の趣味から出会える、マッチングは気軽に「いいね!」するだけという簡単操作など、楽しく婚活できる仕組みが整っています。

Match.com(マッチ・ドットコム)

マッチドットコム
特徴
  • 世界規模の婚活サイト。全世界に会員1500万人以上
  • 50代会員は約10%在籍
  • 日本語にもばっちり対応したカスタマーサポートあり

マッチドットコムはアメリカ発祥のサービスで、会員は全世界に1500万人、日本国内だけでも250万人という世界規模の婚活サイトです。日本人以外の会員も多く、ワールドワイドな出会いが期待できます。

海外発のサービスなのでサポート面で不安があるかもしれませんが、心配はいりません。カスタマーケアやヘルプは日本語に対応していますし、半年以内で出会えなかったらその先の半年は無償で利用できる補償サービスもあります。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)
特徴
  • 会員数約600万人と業界最大級
  • 50代会員は約10%在籍
  • 女性無料で利用可

ペアーズは、1000万人が利用する国内最大級の恋愛・婚活マッチングアプリ。非常に知名度が高いので、婚活に興味がない人でも名前は目にしたことがあるほどです。

マッチングアプリとしては利用率ナンバーワンを誇り、会員数も多いのが大きな魅力ですが、メイン年齢層は20代~30代前半と若め。結婚への意識もそこまで高くなく、どちらかといえば恋活がメインとなるサイトです。

とはいえ女性無料で利用ができますし、婚活サイトの「基本のき」を知るために利用してみる価値は十分あると思いますよ。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び
特徴
  • 50代会員は約3%在籍
  • ゼクシィブランドで結婚への意識高め
  • 業界初のデート調整代行サービスあり

2015年にスタートしたばかりの新しいサービスなので、婚活に対してアクティブな会員が多い特徴があります。結婚のイメージの強い「ゼクシィ」を冠にしたサービス名から、結婚への真剣度の高い会員が多いようです。メイン年齢層は20代後半から30代前半と若いながら、50代会員も活動しています。

コンシェルジュがデートの日時や場所を調整してくれる「デート調整代行サービス」は、業界初のサービスです。「忙しくて婚活に時間を割けない」「デートってどこへ行ったらいいの?」という50代の人にこそ、ぜひ一度利用してみてほしいですね。

Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)
特徴
  • 50代会員は約10%在籍
  • 恋活向き
  • Facebookアカウントがあれば気軽に始められる

ペアーズ同様に日本国内での知名度が非常に高く、利用者も多い婚活サイトです。メイン年齢層は20代後半から30代と若めで、どちらかといえば恋活向きという性質も似通っています。

会員登録にはFacebookアカウントを利用するため、アカウントを持っていれば簡単に使い始めることができます。タイムラインに投稿が流れることはなく匿名性は保たれるので、まわりに婚活していることがバレたくない場合も大丈夫。

不審なユーザーへの監視体制もしっかりしているので、安全性には定評があります。

With(ウィズ)

With(ウィズ)
特徴
  • 50代会員は約1%在籍
  • 心理学や各種診断を楽しみながらマッチング
  • 恋活向き

2016年にスタートした新しい婚活サイトで、メンタリストのDaiGo氏による監修が話題となりました。心理学や各種診断を利用した、新しいタイプのマッチングアプリです。心理テストなどを楽しみながらマッチングできるのが魅力なため、かなり恋活向きのサービスとなっています。

婚活サイトとしては後発なので、その分アプリの使いやすさや見やすさといった面でのクオリティが高いです。まずは「婚活サイトってどんな感じ?」を知るために、のぞいてみると良いかもしれませんね。

excite婚活(エキサイト婚活)

エキサイト婚活
特徴
  • 50代会員が多く在籍
  • 年齢層が高めで真剣な出会いを求めている会員多数
  • 安心の運営実績あり

excite婚活は今回紹介した婚活サイトの中では平均年齢がもっとも高く、また全体の会員数も約250万人と多いです。

公式サイトの婚活会員紹介にも「50歳以上OKな婚活会員」が一覧で表示されており、アラフィフ世代にとってとっつきやすい印象があります。15年以上運営しており、信頼と実績を積み重ねてきた安心感もあります。

※2022年4月27日サービス終了予定

50代・60代以上シニアの婚活事情とは?

50代・60代以上シニアの場合、立場や年齢的にも「婚活している人なんているの?」と不安に思っている人も多くいるでしょう。厚生労働省の調査などを元に、50代・60代以上シニアが直面している婚活事情についてご紹介していきます。

生涯未婚率・熟年離婚率の上昇

厚生労働省が調査した人口動能統計によると、熟年離婚の件数は増加傾向にあるとわかりました。

参照:平成28年 人口動態統計月報年計(概数)の概況-厚生労働省

熟年離婚とは同居期間20年以上の婚姻関係にあった夫婦が離婚したことを指しますが、過去のデータを見ると離婚件数自体も増加傾向のまま一定を保っており、熟年離婚も多くの割合を占めています。

生涯未婚率も50代・60代以上シニアにとっては気になる話題ではないでしょうか?生涯未婚率とは50歳までに一度も結婚をしなかった人のことですが、2015年の国勢調査によると

  • 男性の23.37%
  • 女性の14.06%

とこちらも増加傾向になっており、50代・60代以上シニアで独身の人がどんどん増えているのが現実です。

需要の高まりから婚活サイトも再婚を応援

50代・60代以上シニアで独身の人が増えましたが、再婚を希望する人も増えています。ここでは全婚姻件数のうち、再婚件数の割合を表にしました。

離婚件数の増加に伴い年々微増していますが、離婚件数が多かった平成17年よりも平成28年の方が再婚の割合が増えていることがわかります。

スクロールできます
再婚の割合平成7年平成17年平成24年平成26年平成28年
男性13.20%18.20%19.00%19.30%19.50%
女性11.60%16.00%16.40%16.60%16.80%
参照:平成28年 人口動態統計月報年計(概数)の概況-厚生労働省

再婚希望者向けや50代・60代以上シニア向けの婚活サービスが多い昨今、再婚で新たな人生のパートナーを得る人が増えています。

再婚したい場合も賢く婚活サイトを利用して、素敵なパートナーと出会いましょう。バツイチ・再婚希望者向けのおすすめ婚活サイトは下記をご覧ください。

50代・60代以上シニアに婚活サイトをおすすめする理由

たくさんの婚活サービスがある中、50代・アラフィフに婚活サイトをおすすめする理由があります。

  • ネットでの婚活に抵抗がある
  • 休日を潰してまで婚活するのは面倒

このような考えを持つ人も納得できるメリットがたくさんあるので、有効に活用できるポイントも合わせてご紹介します。

婚活サイトは低料金で時間をかけずに婚活できる

結婚相談所を運営するオーネットが50代以上の独身男女にアンケートを取ったところ、婚活をしない理由が明らかになりました。

参照:中高年の恋愛・結婚に関する意識調査-オーネット

50代・60代以上シニアが婚活をしない理由の中でも

  • 具体的にどうしていいかわからない
  • 探すのがめんどうくさい
  • 忙しくて時間が無い
  • 金銭的理由

といった項目が目立ちますが、これらは婚活サイトを利用することで解決します。婚活サイトならば、

  • 独身であれば誰でも簡単に登録できる
  • 登録や操作は簡単で、自宅にいながらにしてマッチングできる
  • スキマ時間を利用できるので時間が取られない
  • 利用料は毎月3,000円前後で金銭的負担が少ない

といったように、すべての悩みを解決できます。結婚相談所は高額ですし、婚活パーティーは遠方まで出向いても数人としか出会えないので、婚活のハードルが高くなってしまいがちです。

しかし婚活サイトならば低料金で利用でき、休日を潰すことなく活動できるといった気軽さで婚活をスタートさせられるのでおすすめです。

50代・60代以上シニアの出会いのきっかけ第1位は婚活サイト

上の項目同様、結婚相談所を運営するオーネットが50代以上の独身男女にアンケートを取ったところ、パートナーとの出会いのきっかけは婚活サイトが婚活サービス中1位でした。

参照:中高年の恋愛・結婚に関する意識調査-オーネット

女性は7.8%が婚活・恋活サイトで出会っており、結婚相談所や婚活パーティーよりも多い割合となっています。趣味のサークルやSNS以上に出会えているというのは驚きです。

ネットでの婚活となるとセキュリティの面や出会える会員の質について不安に思うこともありますが、多くの大手婚活サイトは24時間365日体制の監視システムを導入し、本人確認なども行って不正ユーザーは排除される仕組みになっています。

婚活サイトは女性が安心して利用できる婚活サービスなので、50代以上でも安心して利用できて人気です。

婚活サイトは50代・60代以上シニアの会員数が多い

「婚活サイトって20代30代の利用者が多くて、50代・アラフィフでは相手にされないのでは?」このような不安を持っている人もいらっしゃるでしょうが、50代・60代以上シニアでも婚活サイトの利用者は数多くいます。

婚活サイトのパートナーズで公表されている会員データを見てみましょう。

参照:会員データ | 恋活・婚活サイト – パートナーズ

50代は20%在籍していて、40代も30%、年上の60代も5%在籍というように中高年の会員数が多い婚活サイトもあり、自分の年齢に合った婚活サイトを選べば問題ありません。

50代・60代以上シニアが婚活サイトを利用する上で注意したいこと

ここまで婚活サイトのメリットをお伝えしてきましたが、もちろん登録しただけですぐに良い人と出会えるわけではありません。

自分の求める人と出会い、成婚に至るためには利用する上での心構えや注意しなくてはならない点があります。自身の考えを持ち、出会う相手の結婚に対する感情を理解しておきましょう。

老後の過ごし方を含めて相手を知っていく

結婚相談所のパートナーエージェントが「50代が婚活する理由」についてアンケートを取ったところ、男女とも

  • 安心・信頼できるパートナーが欲しい
  • 人生をより充実させたい

といった回答が多くを占めました。

参照:シニアが婚活する理由は?|結婚相談所パートナーエージェント

結婚相談所を運営するオーネットが50代以上の結婚・恋愛に対する意識調査を行ったところ、特に女性は通い婚や恋人関係を望む声が多くあるとわかりました。

参照:中高年の恋愛・結婚に関する意識調査-オーネット

家族とは、自分にとって唯一無二の味方です。「ずっと独身だった」「離婚して気ままな生活を楽しんでいた」としても、人生を生き抜く上で味方となる存在が欲しくなるのも事実で、老後の不安も感じ始めてパートナーを見つけたくなります。

女性の多くは経済的な不安をあげていますが、金銭面でのみ男性を見ていては良縁には繋がりません。婚活サイトは人間との出会いということを忘れずに、自分の気持ちや相手の環境もきちんと考えて、視野を広げて行動しましょう。

同世代が多い婚活サイトを選ぶ

上のアンケート結果でもわかる通り50代男性は子供を欲しがる割合が26.5%と多く、20代・30代女性と結婚したいと考えている人もいるでしょう。

結婚相談所のパートナーエージェントが50代独身男性にとったアンケートによると、20代~30代を下限年齢とする回答が目立ちました。

参照:シニアが婚活する理由は?|結婚相談所パートナーエージェント

しかし、当の50代女性が求める男性の上限年齢は55~59歳が一番多く、同世代を求める傾向が強く出ています。

参照:シニアが婚活する理由は?|結婚相談所パートナーエージェント

国立社会保障・人口問題研究所が独身者に対して調査したところ、18~34歳の女性が結婚相手に求める年齢は年々同世代を求める傾向にあり、7歳以上離れていてもいいという回答はわずか5.6%となりました。

参照:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所

若い女性がいい、年収の多い男性がいいなど理想は誰しもあるものですが、

  • 子どもが欲しいから若い女性がいい
  • 老後の心配をしないために高収入の男性がいい

といった考えは、相手を人としてではなく子どもを産む・給料を運んでくる存在としか見ていないことになります。50代・60代以上シニア男性が若い女性と結婚するというのは現実的ではないので、同世代が多い婚活サイトを選びましょう。

年齢だけで女性を見ていると出会いを狭めてしまいますので、より多くの出会いができるよう条件を広げて活動することが大切です。

まとめ

ここまで50代・60代以上シニアの婚活事情や、おすすめの婚活サイトについてランキングでご紹介してきました。

  • 50代・60代以上シニアで婚活をしてもいいのだろうか
  • 婚活はハードルが高い

という考えで積極的に行動できなかった人も、同世代で婚活をしている人が多い事や、気軽に婚活サイトで出会いを探せると知れたのではないでしょうか?

50代・60代以上シニアはまだまだ健康的に人生を楽しめる世代です。低料金で始められて時間をかけずに多数の異性と知り合える婚活サイトを利用して、良い出会いを期待しましょう。

婚活サイト/アプリチェックリスト

あなたの年齢は?

結婚相談所を決める
もっとも大切な条件は?

著者情報

最高の婚活・結婚をするために必要な情報を包み隠さず、すべて紹介していきます。

目次
閉じる