婚活サイト・アプリの成婚率|本気の人が結婚できる確率・割合や期間

婚活サイト・アプリ・マッチングアプリというと、どのような印象があるでしょうか?

  • 顔が見えないネットの出会いでは成婚できない
  • 結婚に本気の人と出会えない
  • どうせ成婚率が低い

と思っている方も多いでしょうが、実は婚活サイト・アプリの成婚率は高いです。この記事では、

  • 結婚相談所や婚活パーティーと、婚活サイト・アプリの成婚率の違い
  • 婚活サイト・アプリと恋活サイト・アプリの成婚率の差
  • 本気で結婚相手に出会える婚活サイト・アプリ10社紹介

このような内容についてご紹介していますので、婚活サイト・アプリで真剣に結婚相手を探したい人はぜひ参考にしてください。

目次

婚活サイト・アプリの成婚率のカラクリと選び方

婚活サイト・アプリを利用したら、どれくらいの確率で結婚できるかとても気になりますよね。

婚活において「成婚率が高い」というのは、サービスを選ぶ上でとても重要な指針となりますが、どのような状況が「成婚」なのかあまりよくわかっていない方も多いのではないでしょうか?

  • 成婚率=結婚した人ではない
  • 成婚率だけを見て婚活サイト・アプリを決めてはいけない

ということについて、詳しくご紹介していきます。

婚活の成婚=結婚ではない

”成婚”の定義とは?
”成婚”の定義とは?

成婚という言葉を聞くと「結婚をした」と思いがちですが、そうではありません。成婚という言葉は非常にあいまいで、定義も計算方法も婚活サービスごとに違いますので、注意しましょう。

たとえば、結婚相談所のIBJメンバーズの成婚の定義は「プロポーズをした」となっています。

成婚とは、一般的には交際相手が見つかり、結婚の意思がみえた段階で活動を終了することを意味します。

他社では、退会後に結婚まで至っていないケースも多いのですが、IBJメンバーズではきちんとプロポーズをして結婚を約束したお二人を「成婚」と位置づけています。

よくあるご質問 | 結婚相談所IBJメンバーズ

成婚の定義は広く、プロポーズよりも早い段階も多くあります。

  • 交際相手が見つかった
  • 結婚を考えられる相手と出会った
  • プロポーズをした
  • 婚約をした
  • 婚姻届けを出した
  • 外泊・同棲・婚前交渉(セックス)などをした

など、婚活サービスごとにさまざまな定義がありますので「成婚率」という言葉に惑わされないようにしましょう。

成婚するためには利用者層を考えよう

「成婚率が高いって書いてあるからこの婚活サイト・アプリに登録しよう!」と思ってしまいますが、それだけで登録するサービスを決めるのは危険です。婚活サイト・アプリにはそれぞれ特徴があり、

  • メインとなる会員の年齢層
  • 結婚に対して本気の会員が多いか

など、成婚率が高いというだけでは本当に良い出会いができるわけではありません。自分の年齢は20代なのに、40代が多い婚活サイト・アプリの成婚率が高くてもその恩恵に与れないでしょう。

また、成婚とは結婚のことではないので「恋人作りがメイン」の恋活サイト・アプリの場合、意識のズレを感じることもあります。成婚率の高さだけを見るのではなく、広い視野で婚活サイト・アプリを選ぶと良いでしょう。

アクティブユーザーもチェック

婚活サイト・アプリを選ぶ基準に、会員数の多さがあります。

会員数が多ければ出会える人の数が増えますが、公表する人数が累計であり、現在在籍しているわけではありません。累計会員数のうち、今も活動している人はどれくらいいるのかをチェックしてみましょう。

それが「アクティブユーザー」と言われる現在活発に活動している会員です。自分が登録したい婚活サイト・アプリに有料登録する前に、無料登録をしてから

  • 住んでいる地域
  • 出会いたい年齢

など条件を絞って検索して、アクティブユーザーがどれくらいいるかを確認すると良いでしょう。

婚活サイト・アプリの成婚率

婚活サービスにおける成婚率
婚活サービスにおける成婚率

ここからは、気になる婚活サイト・アプリの成婚率についてご紹介していきます。

しかし、婚活サイト・アプリの多くは成婚率を公表していませんので、リクルート社が調査した「婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)」での調査結果をもとに導き出していきます。

婚活サービスを利用して結婚した人は全体の10.4%

2017年に結婚した人のうち、婚活サービスを利用して結婚した人の割合は10.4%と、10組に1組以上となりました。

婚活実態調査2018-ブライダル総研

2000年では全体のわずか1.4%だったにもかかわらず、2013年以降は婚活サービスを利用して結婚した人が約10倍に増えています。今の時代、婚活を利用して相手をみつけることは珍しいことではありません。

婚活サービスを利用したことで結婚できた人は38.1%

婚活サービスを利用したら、どれくらいの人が結婚できるでしょうか?

2017年では、婚活サービス(婚活サイト・アプリ・恋活サイト・アプリ・結婚相談所・婚活パーティー)を利用した人のうち、38.1%が結婚したとの結果になりました。

参照:婚活実態調査2018-ブライダル総研

こちらも2000年ではわずか9.4%だったにもかかわらず、2013年以降は右肩上がりに成婚率が高くなっていて、婚活サービス全体の質が高くなったことがうかがえます。「婚活をすることで結婚が近づく」と言えるでしょう。

婚活サービス中1番人気は婚活サイト・アプリ

婚活サービス全体の成婚率はあがっているとお伝えしましたが、その中で、婚活サイト・アプリの利用者割合はどのくらいでしょうか?

婚活サイト・アプリ・恋活サイト・アプリ・結婚相談所・婚活パーティーといった婚活サービスによって結婚した人の割合を見ると、婚活サイト・アプリは結婚相談所や婚活パーティーを抑えて1位でした。

参照:婚活実態調査2018-ブライダル総研
1位婚活サイト・アプリ22.20%
2位結婚相談所20.70%
3位恋活サイト・アプリ19.00%
4位婚活パーティー17.70%

2017年に婚活サービスを利用して結婚をした人の割合は、高額な料金と手厚いサポートが期待できる結婚相談所を上回る結果となり、成婚率が高いことはもちろん、利用者も多いとわかりました。

結婚相談所よりも婚活サイト・アプリの成果が出ている

婚活サイト・アプリと言っても、恋活に重きを置いているマッチングアプリも多くあります。

「恋活で見つけた相手とは結婚まではいかないのでは?」と思いがちですが、調査の結果からは「恋活サイト・アプリでも結婚に繋がる出会いはできる」ということがわかります。

参照:婚活実態調査2018-ブライダル総研
婚活パーティー2.90%
婚活サイト・アプリ2.70%
結婚相談所2.50%
恋活サイト・アプリ2.30%

2014年までは他サービスとは大きく差がありましたが、2015年以降に成婚率があがっていたことがわかります。遊び目的の出会い系アプリと違い、真剣な出会いができる恋活サイト・アプリならば結婚に繋がる出会いができるでしょう。

本気の人と出会える婚活サイト・アプリの探し方

婚活サイト・アプリで真剣な出会いをしたい人におすすめの婚活サイト・アプリをご紹介していきます。今回ご紹介する婚活サイト・アプリは、すべて

  • 年齢確認をする
  • プライバシーの保護をしっかりしている
  • 遊び目的の会員やサクラ・業者がいない

というようにしっかりした運営をしていますので、結婚に繋がる良い出会いができますよ。ここでは婚活サイト・アプリの特徴として

  • 利用目的
  • 1か月の利用料金
  • 主な利用年齢層
  • 累計会員数
  • アクティブユーザーの目安
  • 公式で発表されている成婚率や成婚人数

といった項目を中心にご紹介していきます。

恋人も真剣な結婚相手も探せる婚活サイト・アプリ

ここでは婚活だけでなく恋活をするためにもおすすめの婚活サイト・アプリをご紹介します。

  • 年齢確認が必須で安心
  • 女性は無料で利用できるものが多い

といった特徴がありますが、いずれも真剣な出会いができます。すぐに結婚したいわけではないけれど、いずれは結婚を考えられるような恋人と出会いたい人におすすめできる婚活サイト・アプリ6社をご紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)
特徴
利用目的

恋活向き

年齢層

20代~30代前半

累計会員数

1,000万人

アクティブユーザー

毎日5,000人が新規会員になっている

成婚率

ペアーズは利用率No.1の婚活サイト・アプリで、累計会員数1,000万人と多く、出会の数が増えるでしょう。

20代~30代前半の利用者が多いので、真剣な恋活をしていずれは結婚を視野に入れている人におすすめできます。アクティブユーザーが多いので、成婚率も高い婚活サイト・アプリと言えるでしょう。

With(ウィズ)

With(ウィズ)
特徴
利用目的

恋活向き

年齢層

20代

累計会員数

80万人

アクティブユーザー

毎週20,000人が新規登録

成婚率

ウィズは2016年にサービスを開始した恋活向けのサイト・アプリで、毎週20,000人が新規登録しているなどアクティブユーザーが多いです。

メンタリスト・DaiGOさん監修の心理テストや統計学などで相性診断をしてくれるなど、楽しく質の高い出会いもできるでしょう。利用者の多くが20代で、婚活よりも真剣な恋人探しをしたい人におすすめします。

marrish(マリッシュ)

marrish(マリッシュ)
特徴
利用目的

恋活・婚活向き

年齢層

30代~40代

累計会員数

10万人

アクティブユーザー

新規サービスのため多い

成婚率

マリッシュの特徴は、再婚者・シングルマザー・シングルファーザーの会員が多く、7割に婚姻歴がある婚活サイト・アプリです。

マリッシュは婚姻歴に理解がある会員が多いので「再婚活をしたいけれど婚活サイト・アプリでは不利になって成婚率が低くなってしまうのでは?」と懸念している人に向いています。あらかじめお互いの立場をわかった上で出会えるので、成婚率も高くなるでしょう。

excite婚活(エキサイト婚活)

エキサイト婚活
特徴
利用目的

恋活・婚活向き

年齢層

30代後半~50代

累計会員数

26.5万人

アクティブユーザー

1か月の出会い成立数1,153組

成婚率

excite婚活は30代後半~50代が多く在籍している婚活サイトで、恋活・婚活におすすめです。1か月の出会い成立数は毎月公式サイトで公表されるので、出会いの数や成婚率が気になる人はチェックしてみましょう。

女性も男性と同額の料金を支払いますし、年齢確認以外に収入証明書・独身証明書などを任意で提出できるので真剣な恋活・婚活を考えている人にもぴったりです。

Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)
特徴
利用目的

恋活・婚活向き

年齢層

20代後半~30代

累計会員数

400万人

アクティブユーザー

毎日40,000組がマッチング

成婚率

Omiaiは、真剣な恋活・婚活をしたい人におすすめの婚活サイト・アプリです。結婚をしたいけどまずはしっかり恋活したいという人におすすめですし、毎日40,000組がマッチングしているので、数多くの出会いが期待できます。

Yahoo!パートナー

Yahoo!パートナー
特徴
利用目的

恋活・婚活向き

年齢層

30代~40代

累計会員数

500万人

アクティブユーザー

毎日7,000組がマッチング

成婚率

大手検索エンジンのYahoo!が提供する婚活サイト・アプリで、年齢層が高いながら恋活も婚活もできます。累計会員数500万人と非常に多いですが、それ対してマッチングの数は多くないのでアクティブユーザーはあまり多くないと言えるでしょう。

結婚に本気の人と出会える婚活サイト・アプリ

しっかり婚活をしたい人には

  • 男女とも同額の料金を支払う
  • 年齢確認以外にも提出できる書類の数が多い
  • 結婚に関する項目がプロフィールに多く用意されている

といった特徴を持つ婚活サイト・アプリがおすすめです。ここでは真剣に出会える婚活サイト・アプリ4社をご紹介します。

Match.com(マッチ・ドットコム)

マッチドットコム
特徴
利用目的

婚活向き

年齢層

20代後半~30代

累計会員数

200万人

アクティブユーザー

全世界で450万人

成婚率

マッチドットコムは25か国でサービス展開している婚活サイト・アプリで、日本国内で200万人、全世界で1500万人以上と桁違いの会員数を誇ります。日本人だけでなく海外の人とも知り合うことができるので、グローバルな出会いがしたい人におすすめです。

ブライダルネット

ブライダルネット
特徴
利用目的

婚活向き

年齢層

30代~40代

累計会員数

40万人

アクティブユーザー

1か月のカップル成立数16,282人

成婚率

結婚を前提の相手と出会い退会した人の数7,395人
退会した3人に1人が入籍・婚約

ブライダルネットは、30~40代の結婚適齢期世代におすすめの婚活サイト・アプリです。80%が半年以内に結婚相手を見つけたいと考えているなど、結婚に真剣な人が多く集まるので早い成婚を望む人におすすめします。

お相手が見つかって退会した人は年間7,395人いて、さらに結婚・婚約まで進展した人も3人に1人と高い成婚率、結婚率と言えるでしょう。

youbride(ユーブライド)

ユーブライド
特徴
利用目的

婚活向き

年齢層

30代~40代

累計会員数

170万人

アクティブユーザー

1か月の入会者19,908人

成婚率

1年間の成婚退会者数2,442人

ユーブライドは、19年の運営実績がある婚活サイト・アプリです。

1年間の成婚退会者数を公表しているなど、自信があるサービスを展開していると言えるでしょう。信頼の運営実績もありながら、毎月新規会員も増え続けているなど新たな出会いが期待できますよ。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び
特徴
利用目的

婚活向き

年齢層

20代後半~30代前半

累計会員数

85万人

アクティブユーザー

昨年会員比280%増

成婚率

ゼクシィ縁結びは結婚情報誌でおなじみのゼクシィから生まれたサービスです。利用会員はアラサー世代が多く、それでいて97.5%の会員が結婚を望んでいるため真剣な出会いが期待できる婚活サイト・アプリです。

昨年会員比は280%増とアクティブユーザーが多い点も魅力で、成婚に繋がりやすい出会いが期待できます。

婚活サイト・アプリを利用して成婚するまで

成婚までの期間と料金
成婚までの期間と料金

婚活サイト・アプリを利用して結婚したい!と思っても、いったいどれくらいの期間や料金が必要なのかわからないと、なかなか一歩が踏み出せません。

  • 各婚活サイト・アプリの平均活動期間
  • 利用開始から成婚までに必要な料金

についてご紹介していきます。

パートナーが見つかった人の平均活動期間は半年以内

婚活をするからには、何年も活動するのではく短期間で素敵な相手と出会いたいですよね。それぞれの婚活サイト・アプリの活動期間はどれくらいなのか、公式サイトで公表されている数字を一覧表にまとめました。

ペアーズ平均4か月
Omiai
マリッシュ平均3.5か月
ウィズ
Yahoo!パートナー
excite婚活平均180日
ブライダルネット3か月~半年
マッチドットコムメールのやりとりをした60%が1か月以内に交際
交際後1年以内に結婚
ユーブライド半分以上の方が3か月~6か月
ゼクシィ縁結び平均5.7か月

このように、多くの婚活サイト・アプリでの出会いは半年以内が多いとわかります。ちなみに、結婚相談所の活動期間の平均も入会から成婚退会まで3か月~6か月が多く、婚活サイト・アプリと差がないです。

「素早い成婚は、結婚相談所のような手厚いサポートを受けるか、婚活パーティーのように直接顔を合わせた状態からスタートしないといけないのでは?」と思いがちですが、婚活サイト・アプリでも問題ありません。

あまりお金や時間はかけたくないけれど、早く素敵な異性と出会いたい人に婚活サイト・アプリはおすすめです。

婚活サイト・アプリの利用金額は1万円前後

マーケティングリサーチ会社のマクロミルが、恋活・婚活サイトやアプリの20~40代の利用者1,000人に「恋活・婚活マッチングアプリに課金したことはあるか、またその額は?」と質問したところ、男女で差がありながらも1万円前後であるとわかりました。

参照:婚恋活・婚活マッチングアプリに関する調査|市場調査メディア ホノテ

婚活サイト・アプリを利用するためには、今回ご紹介した大手婚活サイト・アプリ10社で1か月あたり2,980円~4,298円の月額が必要となります。

1か月で成婚までたどり着ける人は多くありませんので、活動期間を考えて3か月・6か月分をまとめて支払うと安く利用できます。

3か月程度の活動と考えると1万円前後の平均額も納得ですので、婚活サイト・アプリで成婚したいと考えている人は、1か月ごとの支払いではなくまとめ払いをするなどしてお得に利用しましょう。

まとめ

婚活サイト・アプリ・マッチングアプリは

  • 成婚率や活動期間は結婚相談所と変わらない
  • 短い期間でも良い相手が見つかる
  • 料金は1万円程度とリーズナブル

と、短期間・低予算で結婚できる割合が高い婚活サービスであるとご紹介しました。

  • 顔を合わせないネットの出会いは不安
  • 本当に結婚に本気の人と出会えるの?

と思っている人も、年齢確認が必須でプライバシーもきちんと保護してくれる婚活サイト・アプリ・マッチングアプリを利用して、良い出会いをしてください。

婚活サイト/アプリチェックリスト

あなたの年齢は?

結婚相談所を決める
もっとも大切な条件は?

著者情報

最高の婚活・結婚をするために必要な情報を包み隠さず、すべて紹介していきます。

目次
閉じる