XM(XMTrading)のレバレッジ|規制や変更方法

XMTradingの大きな特徴でもある最大888倍というハイレバレッジ。しかしどんな状況においても最大888倍のレバレッジが適用されるというわけではなく、規制や制限といった例外も存在する。

このページでは、XMTradingの基本的なレバレッジルール、レバレッジ制限が起こるケース、変更方法や注意点などを解説している。

XMTradingの最大レバレッジ

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座888倍
マイクロ口座888倍
Zero口座500倍

口座タイプによって最大レバレッジの上限が異なる。また、16種類のレバレッジ倍率の中から口座に設定するレバレッジを選択し、口座レバレッジとして適応される。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 10 / 15 / 20 / 25 / 50 / 66 / 100 / 200 / 300 / 400 / 500 / 888倍

XMTrading内では「1:888」のような形式でレバレッジの記載があるが、これは888倍。「1:25」だとレバレッジは25倍ということになる。

XMTradingでレバレッジ制限されるケース

上記では最大レバレッジを解説したが、一定の条件下ではレバレッジ制限が起こるケースがある。

・一部通貨ペア / CFD銘柄でのレバレッジ制限
・有効証拠金残高によるレバレッジ制限
・政治経済イベント発生時によるレバレッジ制限

一般的な銘柄の場合、上記のレバレッジ制限は、政治経済イベント発生時によるレバレッジ制限 < 有効証拠金残高によるレバレッジ制限 < 一部通貨ペア / CFD銘柄でのレバレッジ制限 < 口座レバレッジの順でレバレッジが低くなり、低いものが優先される。例外もあるので、制限がかかったら一番低いレバレッジが適用されると覚えておこう。

レバレッジ制限が起きた場合、解除できるケースと解除できないケースがあり、それについても解説する。

一部通貨ペア・CFD銘柄の最大レバレッジ制限

XMTradingでは、一部のマイナー取引通貨、CFD銘柄に最大レバレッジの制限を個別に設けている。

口座レバレッジが下記の個別に定められたレバレッジより高い場合は、個別に設定された下記のレバレッジは適用されるので注意しよう。逆に、口座レバレッジを下記の個別に設定されたレバレッジより低い場合は、設定した口座レバレッジが適用される。

FX通貨ペア(マイナー・エキゾチック通貨)

商品(銘柄)最大レバレッジ
AUDCHF(豪ドル/スイスフラン)400倍
CADCHF(カナダドル/スイスフラン)400倍
CHFJPY(スイスフラン/日本円)400倍
CHFSGD(スイスフラン/シンガポールドル)400倍
EURCHF(欧州ユーロ/スイスフラン)400倍
GBPCHF(英国ポンド/スイスフラン)400倍
NZDCHF(NZドル/スイスフラン)400倍
USDCHF(米ドル/スイスフラン)400倍
EURTRY(欧州ユーロ/トルコリラ)100倍
USDTRY(米ドル/トルコリラ)100倍
EURDKK(欧州ユーロ/デンマーククローネ)50倍
GBPDKK(英国ポンド/デンマーククローネ)50倍
EURRUB(欧州ユーロ/ロシアルーブル)50倍
GBPDKK(英国ポンド/デンマーククローネ)50倍
USDCNH(米ドル/人民元)50倍
USDDKK(米ドル/デンマーククローネ)50倍
USDHKD(米ドル/香港ドル)50倍
USDRUB(米ドル/ロシアルーブル)50倍

貴金属CFD商品のレバレッジ

商品(銘柄)最大レバレッジ
GOLD(金)888倍
SILVER(銀)888倍
PALL(パラジウム)22.2倍
PLAT(プラチナ)22.2倍

コモディティ(商品)CFD商品のレバレッジ

商品(銘柄)最大レバレッジ
COCOA(USココア)50倍
COFFE(USコーヒー)50倍
CORN(USコーン)50倍
COTTO(USコットン)50倍
HGCOP(ハイグレード銅)50倍
SBEAN(US大豆)50倍
SUGAR(US砂糖)50倍
WHEAT(小麦)50倍

株価指数(現物)CFD商品のレバレッジ

商品(銘柄)最大レバレッジ
AUS200Cash(ASX 200)100倍
EU50Cash(EURO STOXX 50)100倍
FRA40Cash(CAC 40)100倍
GER30Cash(DAX)100倍
HK50Cash(HSI)66.7倍
IT40Cash(FTSE MIB)100倍
JP225Cash(Nikkei)200倍
NETH25Cash(AEX)100倍
SPAIN35Cash(IBEX)100倍
SWI20Cash(SMI 20)100倍
UK100Cash(FTSE 100)100倍
US100Cash(NASDAQ)100倍
US30Cash(Dow Jones)100倍
US500Cash(S&P 500)100倍

株価指数(先物)CFD商品のレバレッジ

商品(銘柄)最大レバレッジ
EU50(EURO STOXX 50)100倍
FRA40(CAC 40)100倍
GER30(DAX)100倍
JP225(Nikkei)200倍
SWI20(SMI 20)100倍
UK100(FTSE 100)100倍
US100(NASDAQ)100倍
US30(Dow Jones)100倍
US500(S&P 500)100倍
USDX(US Dollar Index)100倍

エネルギーCFD商品のレバレッジ

商品(銘柄)最大レバレッジ
BRENT(Brent Crude Oil)66.7倍
GSOIL(London Gas Oil)33.3倍
NGAS(Natural Gas)33.3倍
OIL(WTI Oil)66.7倍
OILMn(WTI Oil Mini)66.7倍

有効証拠金残高によるレバレッジ制限

XMTradingには、有効証拠金残高によるレバレッジ制限も設定されている。この制限が適用される条件は下記の通り。

証拠金$5

$20,000
$20,001

$100,000
$100,001
スタンダード 888倍 200倍 100倍
マイクロ 888倍 200倍 100倍
Zero 500倍 200倍 100倍

アカウント内の全ての保有口座の有効証拠金合計が2万ドル以上(約200万円以上)になると最大レバレッジが200倍、10万ドル以上(約1千万円以上)になると最大レバレッジが100倍と制限がかかる。合計はドル基準で算出される。この制限には口座タイプは関係なく、マイクロ、スタンダード、Zero口座、全てで共通している。

有効証拠金は、口座残高、クレジット(ボーナス)の他に、現在保有しているポジションの評価損益(為替損益+スワップポイントを含めた金額)が含まれる。為替損益はもちろん含み益、含み損を含む。

計算式

有効証拠金 = 口座残高 + クレジット(ボーナス) + 評価損益

レバレッジ制限が適応されるタイミング

ただし、有効証拠金の合計が超えた直後にレバレッジ規制が入るわけではなく、XMTradingが時刻を指定、もしくは現在保有中のポジションを決済するタイミングでレバレッジ制限が適応される。レバレッジ規制が適応される前にXMTradingから通知のメールが届く。有効証拠金残高が制限の基準に該当しそうな場合はメールをチェックしよう。

通貨ペアと価格にもよるが、有効証拠金が200万円、最大ロット数の50ロット(500万通貨)で所持していると証拠金維持率が50%代まで落ちることもあり得る。XMTradingのロスカット比率は20%のため、25pips程度の逆行でロスカットだろう。もちろんこのような無茶なトレードはしないと思うが、888倍から200倍のレバレッジ制限を受けた場合は証拠金維持率が約1/4.5になることを覚えておこう。

レバレッジ制限の解除方法

有効証拠金残高によるレバレッジ制限が適用になってしまった場合は、解除の申請をすることができる。レバレッジを解除する方法は下記の手順である。

1.口座資金を出金して有効証拠金を調整する
2.サポートに規制解除の連絡する
3.手動でレバレッジの再設定をする

まず、有効証拠金残高を上記で解説した基準に該当しないように口座残高を算出して出金する。有効証拠金額の調整ができたらカスタマーサポートへメールかチャットで制限解除の依頼する。

メールの例文

件名:レバレッジ制限解除のご依頼

 本文

お世話になっております。
口座残高をUSD20,000以下に調整いたしました。
口座レバレッジを1:888へ戻していただけますでしょうか。
口座ID:○○○○○
お手数ですが、ご確認の程お願い申し上げます。

約1~2営業日で制限の解除が完了するので、マイページにログイン後に自分で最大レバレッジの再設定をすれば完了だ。ただし、手続きをするにあたり下記の3つの注意点には気をつけよう。

・出金すると保有ボーナスの一部消滅する
・証拠金維持率が150%以下だと出金・資金移動ができない
・アカウント保有口座間での資金移動ではレバレッジ解除できない

政治経済イベント発生時によるレバレッジ制限

XMTradingでは、マーケットに大きな変動(過度なボラティリティー)が予想される政治経済イベントでは、一時的にレバレッジ制限がかかることがある。このレバレッジ制限は解除することはできない。

XMのレバレッジ変更

・大統領選挙
・経済指標発表

などの重要なイベントに適用されている。取引通貨にもよるが最近では200倍~400倍程度にレバレッジ制限が起こることが多い。過去には50倍以下になったこともある。レバレッジ制限がかかる場合は、事前にXMTradingからメールで通知が届くので、重要イベント時はこまめにチェックするようにしよう。

またこういったイベント時にはスプレッドの拡大も発生する。過度なボラティリティーの相場では予想外の値動きが起こるケースが多く、安易な取引はやめた方がいいだろう。

スプレッドについての詳細は下記ページを参照
XM(XMTrading)のスプレッド

XMTradingのレバレッジの確認と変更方法

口座開設時に口座レバレッジを設定するが、設定した口座レバレッジはマイページでいつでも確認・変更できる。MT4・MT5上からはレバレッジ確認はできるが変更はできない。スマホの場合もマイページから変更しよう。

マイページでのレバレッジの確認・変更

手順1:マイページにログイン後のアカウントの概要にあるオプションから「レバレッジ変更」を選択する。

XMのレバレッジ変更

手順2:レバレッジ倍率の選択してリクエストを送信すれば変更できる。

XMのレバレッジ変更

MT4・MT5上でのレバレッジの確認

MT4・MT5へログインし、画面左側の「ナビゲーター」枠の口座アカウントにマウスカーソルを合わせると設定されている口座レバレッジの確認ができる。

MT4・MT5上でのレバレッジの確認

総評

レバレッジに関する細かいルールや注意点はあるが、XMTradingでのトレードは最大の888倍を選択した方が恩恵は大きいと言える。少ない金額で大きなロッドを持てるからという理由ではなく、決められた証拠金維持率を下回ってしまった場合に起こる「強制ロスカット」の執行がされにくくなるからである。

また、ハイレバレッジを選択したからといって大きなロッド数で取引する必要はない。ロッド数を調整して実効レバレッジを下げれば、低レバレッジの口座と特に変わらない。XMTradingを利用するメリットはハイレバレッジにあるといえ、25倍以上を選択しないのであれば、XMTradingではなく国内口座を選択した方が良いだろう。

ただしハイレバレッジだからといって、無理なロット数を持つことは強制ロスカットにより資金を失うリスクを高めることになる。資金を守ることを最優先に考え、安全なトレードを心掛けよう。


著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀