TitanFX(タイタンFX)の入金方法

TitanFX(タイタンFX)の入金方法を教えてください。

TitanFX(タイタンFX)で利用できる入金方法は、「国内銀行送金」「クレジット/デビットカード」「bitwallet」「STICPAY」の4種類。どの方法も入金手数料は無料だ。

TitanFXは入金方法によって最低入金額が異なる。ただし、初回入金時のみ2万円以上の入金をしなければいけないルールが定められている。

本ページでは、TitanFXの入金方法について詳細に解説する。

目次

TitanFXの入金方法一覧

TitanFXは以下の4つの入金方法に対応している。

スクロールできます
入金方法対応通貨口座反映時間最低入金額 ※1
国内銀行送金JPY
USD
EUR
AUD
SGD
1時間~24時間
(1営業日以内)
10万円
デビット/
クレジットカード
JPY
USD
EUR
AUD
SGD
即時VISA:1円
Mastercard:1円
AMEX:0.1ドル ※2
JCB:1ドル
bitwalletJPY
USD
EUR
即時110円
STICPAYJPY
USD
EUR
AUD
SGD
即時3,000円

※1 初回入金時のみ2万円以上の入金が必要。
※2 AMEX(American Express)は米ドル口座のみ利用可能。

TitanFXは取引口座への入金手数料が無料だ。ただし、国内銀行送金の場合は、振込手数料が別途発生することに注意しよう。また、TitanFXは初回入金時のみ、2万円以上の入金をしなければいけない。ただし、2回目以降の入金は上の表にある最低入金額が適用される。

国内銀行送金での入金方法

TitanFXは国内銀行送金に対応している。ただし、最低入金額は10万円だ。ちなみに、TitanFXは入金ボーナスを実施していないため、高額入金するメリットはないということは覚えておこう。

国内銀行送金での入金手順

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、ダッシュボードの「入金」から国内銀行送金の入金申請を行う。以下の入金申請ページから「取引口座」を選択し「国内銀行送金」をクリックしよう。

TitanFXの国内銀行送金での入金方法

次に、入金額を入力する。ただし、10万円未満の金額は国内銀行送金で入金できないため、必ず10万円以上を入金申請しなければいけない。入金申請を行うと、以下の国内銀行送金についての規約が表示される。

TitanFXの国内銀行送金での入金方法

上記の規約を確認して振込方法を選択しよう。振込方法は「インターネットバンキング」もしくは「ATM」を選択することができる。いずれかの振込方法を選択すると、振込先銀行情報が表示される。

TitanFXの国内銀行送金での入金方法

ただし、振込依頼人名は上記の振込先銀行情報に指定された名義通りに振込手続きしなければいけない。指定される振込依頼人名は「ローマ字名+入金コード」で記載されている。

もし、指定された振込依頼人名とは違う名義(入金コードを追記していない名義など)で振込手続きした場合、TitanFXサポートデスク※3に振込証明書を提出する必要が発生するため、口座反映までに時間がかかってしまう。

※3 TitanFX サポートデスク連絡先:accounts@titanfx.com

なお、正常に振込手続きできれば、1時間~1営業日以内でTitanFXの取引口座に入金額が反映される。

国内銀行送金の注意点

TitanFXの国内銀行送金は入金手数料無料で利用できるが、振込手続きする際に利用する国内銀行側で振込手数料が発生することに注意しよう。振込手数料は銀行によって異なるが、ATMよりもインターネットバンキングから振込手続きしたほうが手数料が安く抑えられるはずだ。

クレジット/デビットカード送金の入金方法

TitanFXは以下の4つのカードブランドからの入金に対応している。

  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX(American Express)
  • JCB

ただし、AMEXは米ドル口座への入金のみに対応しているため、日本円を基本通貨に設定している口座への入金はできない。

クレジット/デビットカード送金での入金手順

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、ダッシュボードの「入金」からクレジット/デビットカード送金による入金申請を行う。以下の入金申請ページから「取引口座」を選択し「クレジットカード」をクリックしよう。

TitanFXのクレジット/デビットカード送金の入金方法

次に、入金額を入力する。なお、TitanFXでは初回入金時のみ、2万円以上を入金しなければいけない。ただし、2回目以降は、クレジット/デビットカード送金を利用する場合、最低入金額の設定はない。次に、以下の入力フォームに従ってカード情報を入力しよう。

TitanFXのクレジット/デビットカード送金の入金方法

必要情報を入力後、「入金」をクリックすると「入金処理が完了しました」というメッセージが表示され、即時取引口座に入金が反映される。

クレジット/デビットカード送金の注意点

TitanFXはクレジット/デビットカード送金を利用する場合、利用予定のカードを事前登録しておく必要がある。登録していないクレジット/デビットカードから入金申請すると、入金エラーが発生するので注意しよう。

クレジット/デビットカード送金を利用する際は、以下の「新しいクレジットカードの登録 ⊕」から忘れずに事前登録しておこう。

TitanFXのクレジット/デビットカード送金の入金方法

オンラインウォレット送金の入金方法

TitanFXは以下の2つのオンラインウォレットに対応している。

ただし、オンラインウォレットを利用する際は、事前に各オンラインウォレットのアカウントを開設している必要がある。海外FXを利用するなら資金管理のためにもオンラインウォレットのアカウントを持っていて損はないだろう。

以降では、上記のオンラインウォレットのアカウントを開設していることを前提として、TitanFXへ入金する方法について解説する。

bitwallet(ビットウォレット)

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、ダッシュボードの「入金」からbitwalletでの入金申請を行う。以下の入金申請ページから「取引口座」を選択し「bitwallet」をクリックしよう。

TitanFXのbitwallet(ビットウォレット)

次に、入金額を選択、もしくは入力する。なお、TitanFXでは初回入金時のみ、2万円以上を入金しなければいけない。ただし、2回目以降は、bitwalletを利用する場合、110円から入金することができる。

ご希望の入金額を入力後、bitwalletの登録メールアドレスを入力して「入金」をクリックすると、bitwalletのログインページに移行する。bitwallet側で決済を完了させるとTitanFX口座へ即時入金が反映される。

STICPAY(スティックペイ)

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、ダッシュボードの「入金」からSTICPAYでの入金申請を行う。以下の入金申請ページから「取引口座」を選択し「STICPAY」をクリックしよう。

TitanFXのSTICPAY(スティックペイ)

次に、入金額を入力する。他の入金方法と同様、初回入金時のみ2万円以上の入金が必要だ。ただし、2回目以降は、STICPAYを利用する場合、3,000円の最低入金額が適用される。

ご希望の入金額を入力後、STICPAYの登録メールアドレスを入力して「入金」をクリックすると、STICPAYのログインページに移行する。STICPAY側で決済を完了させるとTitanFX口座へ即時入金が反映される。

オンラインウォレット送金の注意点

オンラインウォレットの登録情報とTitanFXの登録情報が一致していない場合、オンラインウォレット送金を利用することができない。オンラインウォレット送金を利用する際は、双方に登録している「名義」「メールアドレス」「生年月日」が一致していることを事前に確認しよう。

TitanFXの入金ルール

初回最低入金額は2万円

TitanFXは入金方法によって最低入出金が異なる。ただし、初回入金時のみ、いずれの入金方法を利用する場合も2万円以上を入金しなければいけない。2回目以降の入金からは、それぞれの入金方法ごとに定められた最低入金額が適用される。

口座の基本通貨によって利用できない入金方法がる

TitanFXでは5種類の基本通貨による口座を開設することができる。ただし、口座の基本通貨によって利用できない入金方法がある。

スクロールできます
入金方法日本円
(JPY)
米ドル
(USD)
ユーロ
(EUR)
豪ドル※4
(AUD)
シンガポールドル
(SGD)
国内銀行送金
VISA
Mastercard
JCB
AMEX××××
bitwallet××
STICPAY

※4 豪ドル(AUD)の新規口座開設もしくは追加口座の受付は終了している。

上の表のとおり、AMEXのクレジット/デビットカードは米ドル口座にのみ入金可能だ。また、bitwalletは豪ドル口座とシンガポールドル口座への入金には対応していない。日本円口座を利用している場合、「AMEXは使えない」ということだけ覚えておけばよいだろう。

口座名義と同一名義のみ入金可能

TitanFXは口座開設時に提出した本人確認書類と同じ名義からの入金申請のみ受け付けられる。異なる名義から入金することはできないので注意しよう。

例えば、クレジットカードで入金する場合、クレジットカード会社に登録している住所とTitanFXに提出した住所証明書に記載された住所が一致していなければ入金拒否される可能性がある。

また、オンラインウォレットで入金する場合は、登録アドレスも一致していなければ入金することができない。

入金方法と出金方法は一致させる必要がある

TitanFXでは、入金額までは入金時と同一方法で出金することが義務付けられている。ただし、利益分の出金については、クレジット/デビットカードを除くすべての出金方法を利用することができる。

例えば、クレジットカードで2万円を入金している場合、同カードへの出金限度額は2万円、それ以上(取引によって得た利益)は国内銀行送金、もしくはオンラインウォレットへ出金することができる。

ただし、同カードへの出金額が入金額に満たない場合は、他の出金方法を利用することはできないので注意しよう。

FAQ

入金申請ページが表示されない

TitanFXのクライアントキャビネットに入金申請ページが表示されていない場合、本人確認の承認手続きが完了していない可能性がる。

TitanFXは、口座開設後に身分証明書と住所証明書を提出し、本人確認の承認を受けなければ入金および取引を始めることができない。

入金できない/反映されない

入金できない、もしくは入金が口座に反映されない原因はいくつか考えられる。

例えば、国内銀行送金の場合、銀行窓口営業時間内であれば1時間~1営業日以内でTitanFXの口座に反映されるが、15時以降に入金申請した場合は、翌営日に入金手続きが行われるため、当日中にTitanFXの口座に入金が反映されない。

もしくは、指定された振込名義名とは違う名義(入金コードを追記していない名義など)で振込手続きしている場合は、本人確認のために振込証明書をTitanFXサポートデスクへ提出しなければ入金処理されない。

この他にも、TitanFXの口座開設時に登録した名義とは異なる名義で登録されているクレジット/デビットカード、もしくはオンラインウォレットからは入金することができないので注意しよう。

総評

TitanFXは初回入金時のみ、2万円以上の入金をしなければいけないことに注意しよう。それぞれの入金方法の最低入金額が適用されるのは2回目以降の入金からだ。また、国内銀行送金を利用する場合は、10万円以上の入金が必要になることを覚えておこう。

ちなみに、TitanFXは入金ボーナスキャンペーンを実施していないため、国内銀行送金で高額入金するメリットはない。資金管理や利便性を考慮するなら、入出金手数料が無料かつ即時入出金可能なオンラインウォレットがもっとも使い勝手がよい入出金方法といえるだろう。

ただし、オンラインウォレットを利用する場合は、事前にアカウントを開設しておく必要がある。TitanFXだけでなく、多くの海外FX業者はオンラインウォレットでの入出金に対応しているため、海外FXを利用するならbitwallet(ビットウォレット)もしくはSTICPAY(スティックペイ)のアカウントを持っておいて損はないはずだ。



TitanFXのページ一覧

著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀

目次
閉じる