MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)の200以上の口コミと評判|プロ評価2.7pt

MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)
MYFX Markets 評判

総合評価

2.7

ランキング -位Rank 3

安全性 2.0
アカウント 3.0
取引手数料 3.5
取扱銘柄の種類 3.0
プラットフォーム 3.5
モバイルトレード 3.5
リサーチ 0.0
学習コンテンツ 0.0
サポート 3.0
  1. 取引手数料・スプレッドの取引コストが安くスキャルピング・デイトレード向き
  2. スワップポイントが良心的でありスイングトレード向き
  3. 高機能プラットフォーム”cTrader”で取引が可能

>>MYFX Markets公式サイト:https://myfxmarkets.com/ja/

MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)は2014年創業の海外FXブローカーだ。

日本在住者には2014年からサービスの提供を行ってはいたが、公式ホームページの日本語対応を開始したのは2020年と最近だ。

そのため日本でのMYFX Marketsの知名度は高くないが、スプレッド・スワップポイントの取引コストが良心的、cTrader導入などハイスペックな取引環境が整っており、今後に期待したいブローカーの1つである。

他ブローカーのレビューもチェック
ブローカー特徴リンク
1
XMTrading
総合評価: 4.0
評価の高さは断トツ。初心者からベテランまで幅広く支持されてる。
2
AXIORY
総合評価: 3.9
安全性、透明性が高評価、取引手数料も低いのが強み。
3
Exness
総合評価: 3.7
レバレッジ無制限と唯一無二のブローカー。取引環境や安全性も賞賛。

他にも多くのブローカーが存在する。優良なブローカーの特徴を見て決めたい方は、こちらの海外FXブローカーランキングをチェックしよう。

目次

安全性

項目MYFX Markets
安全性50
運営会社AXIS INC.
住所セントビンセント・グレナディーン諸島
First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street,
Kingstown ST. VINCENT AND THE GRENADINES
設立年2014
株式公開(上場)なし
銀行運営なし
資金管理区分分割管理
高信頼度 ライセンスなし
中信頼度 ライセンスなし
低信頼度 ライセンスセントビンセント・グレナディーン諸島金融サービス庁(SVGFSA)24078IBC2017

多くの情報サイトにてAxiTraderのホワイトラベルや子会社と言った記載がある。AxiTraderはオーストラリアを拠点に活動している海外FXブローカーであり、規制の厳しいオーストラリア証券投資委員会(ASIC)はもちろん、英国金融行動監視機構(FCA) やその他2つの金融ライセンスを所持しているグローバル企業だ。

しかし、MYFX Marketsに問い合わせたが、AxiTraderとは関連がないとの回答を得た。

金融ライセンス

MYFX Marketsはセントビンセント・グレナディーン諸島金融サービス庁(SVGFSA)により、規制されている。

セントビンセント・グレナディーン諸島はカリブ海に位置するオフショア国であり、多くのFXブローカーがSVGFSAのライセンスを所持している。HotForex・Land-FXもSVGFSAライセンスを所持しており、その他複数のライセンスを所持しているが、MYFX Markets・IS6FX・BigBossはSVGFSAライセンスのみで運営を行っている。

資金管理

MYFX Marketsの資金管理区分は分割管理だ。また、公式ホームページには銀行名などの詳しい記載はない。補償保険に関しての記載も一切ないため、未加入であることが想定できる。

口コミ

海外最大級のFX掲示板FPA(Forex Peace Army)でMYFX Marketsの評価は7レビュー”1.486”と劣評だ。レビュー7件中5件が日本から投稿されており、5件すべてが5点満点中1点の評価を下している。また、うち4件が出金拒否を受けた内容を記載している。

しかし、ここに投稿されている内容は真偽が不確かな投稿も多いため、点数は参考程度にすると良いだろう。

アカウント

項目MYFX Markets
口座タイプ2
最大口座数5
注文方式NDD(STP/ECN)
レバレッジ最大500倍
ゼロカットシステムあり
法人口座あり

ロスカットレベルは20%と海外FXブローカーとしては平均的なレベルだ。また、ゼロカットシステムを採用しているため、口座残高がマイナスとなっても追証が発生することはない。

口座タイプ

MYFX Marketsではスタンダード口座とプロ口座の2つの口座タイプが存在する。

取引方式

MYFX Marketsはスタンダード口座ではNDD/STP・マーケット決済、プロ口座ではNDD/ECNによる取引方式を採用している。このことから、MYFX Marketsは取引方式に透明性があるブローカーと言える。

レバレッジ

MYFX Marketsでは最大レバレッジ500倍で取引可能だ。また、口座残高による以下のレバレッジ規制が存在する。

口座残高が1,000万円以上となった場合、新たなレバレッジ規制が発生する可能性がある。しかし、それぞれの取引状況により異なるため、明確な数値については言及していない。

また、商品により以下のレバレッジ規制が存在する。

最大ロット数

取引プラットフォームでMT4を選択した場合、各商品により1注文あたりの最大ロット数が異なる。

cTraderでは契約サイズ×プライス=1注文あたりの最大ロット数となり、上限は1,000万ロットだ。

例えば、EURUSDが1.13000時点でエントリーできる最大ロット数は100,000(契約サイズ)×1.13(プライス)=1,130ロットとなる。

このように、MT4では商品による固定制、cTraderでは商品の価格による変動制を用いており、各プラットフォームにより1注文あたりの最大ロット数が大幅に異なる。

手数料・スワップポイント

項目MYFX Markets
最低入金金額なし
取引手数料なし
スワップポイント(USDJPY)ロング:-0.87
ショート:-1.56
スプレッド(USDJPY)スタンダード口座:1.4pips
プロ口座:1.1pips
口座維持手数料なし
ボーナス/ディスカウントあり

過去には200%+100%入金ボーナスやご当地グルメキャンペーンなどを開催していたが、現在はボーナスキャンペーンを開催していない。また、MYFX Marketsではいかなる場合でも口座維持手数料は発生しない。

入出金

MYFX Marketsの公式ホームページに記載されている入出金方法は古い情報であり、現在の入出金方法は下記の通りだ。

  • bitWallet
  • 銀行送金(国内・海外)
  • CoinGate(仮想通貨)
  • USDT

現在、クレジット・デビットカードによる入出金は受け付けていない。また、過去には最低入金金額を設定していたが、現在では最低入金金額を指定していない。

入金手数料は、国内銀行入金の振込手数料以外はMYFX Marketsが負担してくれる。

出金はCoinGateは不可となっており、銀行送金の場合2,000円、USDTの場合20USDTの出金手数料が発生する。bitwalletでは出金手数料は無料だ。

取引手数料・スプレッド

スタンダード口座

スタンダード口座では取引手数料は発生しない。低スプレッドで定評のあるマーケット決済口座と比較した。

マーケット決済口座としては標準的だ。ただ、今回比較した口座は業界屈指の低スプレッド口座であり、この中で標準であるため一定以上の狭スプレッドを提示していることが見て取れる。

また、多くの情報サイトでは「AxiTraderのシステムに依存しているためAUDクロスのスプレッドが狭い」と記載されていることがあるが、他社のマーケット決済口座と比較すると上記の通りであり、至って標準的な結果となった。

プロ口座

円建て口座であれば、取引手数料を片道310円固定で提供している。

通常ECNを用いている口座では3.5~4.5USD(約350~450円)が相場だが、MYFX Marketsでは安いコストで取引可能だ。ちなみに米ドル建て口座では片道3.5USDとなっており、現状円建て口座の取引手数料の方が安い。

下記の表にて、MYFX Marketsのプロ口座と取引手数料の安さに定評があり、狭スプレッドを提供するECN口座を比較した。

ドル建て口座と円建て口座で手数料の違いから評価が大きく変わる。ドル建て口座ではまずまずのコストパフォーマンスと言ったところだが、円建て口座では中間的だ。

しかし上記でも記載した通り、業界トップクラスのコストパフォーマンスを誇る口座と比較しこの結果であれば、十分評価できる内容だ。

スワップポイント

MYFX Marketsのスワップポイントは良心的だ。

CHFのショートやアセアニア通貨のロングなどプラススワップを受け取ることができる通貨ペアも存在する。また、同通貨ペアのロングとショートのスワップポイントは他社より大きく開かず、スイングトレードでも取引コストを軽減することができる。

取扱銘柄の種類

項目MYFX Market
外国為替52種類
株式なし
株価指数11種類
ETFなし
コモディティなし
貴金属5種類
エネルギー2種類
仮想通貨4種類

MYFX Marketでは株式指数は多く取り揃えているものの、株式CFDは取扱っていない。しかし、FXのみをトレードするのであれば十分な環境と言えるだろう。

プラットフォームとツール

項目MYFX Markets
デモトレードあり
独自のプラットフォームなし
メタトレーダー4(MT4)あり
メタトレーダー5(MT5)なし
cTrader(シートレーダー)あり
ソーシャルトレード/コピートレードなし
VPSなし

MYFX MarketsではMT4・cTraderで取引可能だ。

cTraderは、板情報が見れ約定力が高く高性能プラットフォームとして名高いが、実装しているブローカーが少ない。MYFX Markets以外でcTraderを実装しているブローカーはAXIORY・FxPro・Tradeviewが存在する。しかし、cTraderはMac非対応であるため、Web版でのみ取引可能となっている。

モバイルトレーディング

項目MYFX Markets
Android アプリあり
Apple iOS アプリあり

MYFX Marketsでは、android・iPhoneともにアプリストアからMT4・cTraderをダウンロードし、売買が可能だ。

リサーチ

項目MYFX Markets
デイリーマーケット解説なし
外国為替ニュース(トップレベルの情報ソース)なし
ウィークリーウェビナーなし
経済カレンダーなし

MYFX Marketsではリサーチと呼べるコンテンツはない。

学習コンテンツ

項目MYFX Markets
FX教育の実施なし
CFD教育の実施なし
ウェビナーなし
ウェビナー(アーカイブ)なし
トレーディング動画なし
投資家辞書(用語集)なし
チュートリアル/ガイドなし

MYFX Marketsではリサーチ同様、学習コンテンツと呼べるものはない。

サポート

項目MYFX Markets
日本語対応あり
ライブチャットあり
メールあり
電話なし

海外FXブローカーでは、日本語対応が不十分がゆえにうまくコミュニケーションが取れない事例があるが、MYFX Marketsでは日本語対応しているためそういった心配はない。

またLINEにてサポートも行っており、LINE・ライブチャットの日本語サポートは6:00~15:00(夏時間は7:00~16:00)まで利用可能だ。

総評

MYFX Marketsはマーケット決済を採用しており、海外FXブローカーの平均値以下の狭いスプレッドを提供している。また、スワップポイントのコストパフォーマンスも良く、スキャルピング~スイングトレードまで幅広いトレーダーに好まれる取引環境が整っている。さらに高機能プラットフォーム”cTrader”を実装している貴重なブローカーだ。

しかし、金融ライセンス低信頼度ライセンス1つのみ、社歴はさほど長くはなく、口コミは大半が日本からとなっており、劣評が多いのも気になるところだ。取引スペックはそこまで悪くないのにもかかわらず、あまり名が知られていない。

FXGTのような革新的なプログラムがない限り、新興・中堅ブローカーはXMTrading・AXIORYなどの企業としての信頼や安全性のあるブローカーに対抗することは難しいだろう。

結論、革新的なプログラムや安全性などこれからに期待したいブローカーと評価する。

Fxpedia編集部が高評価したブローカー:

ブローカー特徴リンク
1
XMTrading
総合評価: 4.0
評価の高さは断トツ。初心者からベテランまで幅広く支持されてる。
2
AXIORY
総合評価: 3.9
安全性、透明性が高評価、取引手数料も低いのが強み。
3
Exness
総合評価: 3.7
レバレッジ無制限と唯一無二のブローカー。取引環境や安全性も賞賛。

Fxpedia編集部の評価が近いブローカー:

【注意】「FXPEDIA」は日本居住者を対象としておらず、また情報の提供のみを目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的とするものではない。掲載情報はあくまでも「FXPEDIA」単体の見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されていない。
これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負わない。金融庁の「FX取引を行おうとする個人投資家の皆さまへ」を必ず読み、投資に関する全ての決定は利用者自身の判断で行うものとする。

著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀

目次
閉じる