iFOREX(アイフォレックス)のスプレッドとスワップポイント一覧表

iFOREX(アイフォレックス)のスプレットとスワップポイントについて教えてください。

iFOREX(アイフォレックス)の主要クロス円通貨ペアのスプレッドは、ドル円~0.7pips, ユーロ円~1.2pips, ポンド円~2.3pips, 豪ドル円~3.0pipsとなっている。また、1Lotあたりのスワップポイントは、ドル円の買いスワップが176円、豪ドル円の買いスワップが87円、それ以外はマイナスだ。

iFOREXのスプレッドは他の海外FX業者としても狭い水準にあり、取引コストは低いと評価できる。なお、スワップポイントを狙うならユーロトルコリラ(EUR/TRY)の売りスワップが1Lotあたり2,593円と最も高額だ。

本ページでは取引コストとしてiFOREXのスプレッドとスワップポイントの一覧表を掲載するとともに、各確認方法や注意点などを解説していく。

目次

iFOREXのスプレッドとスワップポイントの一覧表

iFOREXは変動スプレッド制を採用しているおり、下記表は平均スプレッドと考えてほしい。また、スワップポイントについても日々変化する値のため、iFORXのスワップポイントの傾向と捉えてほしい。

FX通貨ペア

通貨ペア
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
Dクローネ/円50-34円-40円
NZドル/カナダドル4-40円-11円
NZドル/スイス4-71円20円
NZドル/円3-51円-29円
NZドル/南アランド200-61円-309円
NZドル/米ドル2-42円-37円
Nクローネ/Sクローナ3-35円3円
Nクローネ/円40-30円-23円
Pズウォティ/Hフォリント14-21円-26円
SGドル/円250-36円-52円
Sクローナ/円45-21円-33円
カナダドル/Hフォリント4022円-60円
カナダドル/Iシェケル30-24円-14円
カナダドル/円2-31円-33円
スイス/Hフォリント5062円-113円
スイス/Iシェケル300円-51円
スイス/Nクローネ2625円-76円
スイス/Pズウォティ2659円-111円
スイス/カナダドル46円-58円
スイス/トルコリラ80388円-760円
スイス/円2-8円-44円
スイス/南アランド200-57円-311円
スウェーデンクローナ/デンマーククローネ2.8-23円-9円
トルコリラ/Hフォリント36-254円117円
トルコリラ/円70-161円-67円
ポンド/Dクローネ26-33円-6円
ポンド/Hフォリント7026円-64円
ポンド/Iシェケル60-20円-18円
ポンド/NZドル11-5円-34円
ポンド/Pズウォティ3224円-62円
ポンド/カナダドル4.5-15円-23円
ポンド/スイス3-39円1円
ポンド/トルコリラ250-85円-564円
ポンド/円2.3-27円-38円
ポンド/南アランド30099円-217円
ポンド/米ドル1-42円-45円
ポンド/豪ドル8-22円-16円
ポーランドズウォティ/スウェーデンクローナ9-25円-14円
ポーランドズウォティ/デンマーククローネ7-94円47円
ポーランドズウォティ/ノルウェークローネ9-55円8円
ユーロ/Cクローネ2590円-145円
ユーロ/Dクローネ18-31円-24円
ユーロ/Hフォリント4053円-107円
ユーロ/Iシェケル40-13円-14円
ユーロ/NZドル49円-64円
ユーロ/Nクローネ2814円-68円
ユーロ/Sクローネ28-19円-36円
ユーロ/インドルビー120123円-177円
ユーロ/オフショア人民元45-21円-106円
ユーロ/カナダドル4-6円-48円
ユーロ/スイス2-40円-15円
ユーロ/トルコリラ90-182円-813円
ユーロ/ポンド1.1-12円-43円
ユーロ/ロシアルーブル247.8123円-445円
ユーロ/円12-21円-52円
ユーロ/南アランド100120円-237円
ユーロ/米ドル0.7-51円-87円
ユーロ/豪ドル3-16円-38円
ユーロ/Pズウォティ2450円-104円
南アランド/円90-235円19円
米ドル/Cクローネ2562円-109円
米ドル/Dクローネ20-42円-5円
米ドル/Hフォリント3530円-77円
米ドル/Iシェケル30-27円-20円
米ドル/Nクローネ26-4円-43円
米ドル/Pズウォティ1427円-74円
米ドル/SGドル4-17円-30円
米ドル/Sクローネ25-32円-15円
米ドル/インドルビー8093円-140円
米ドル/オフショア人民元4037円-147円
米ドル/カナダドル2-21円-26円
米ドル/スイス1.5-50円-33円
米ドル/トルコリラ65-148円-709円
米ドル/メキシコペソ8142円-318円
米ドル/円0.8-37円-25円
米ドル/南アランド90-21円-348円
米ドル/露ルーブル213.889円-451円
米ドル/香港ドル25-57円--53円
英ポンド/スウェーデンクローナ35-25円-14円
英ポンド/ノルウェークローネ35-1円-37円
豪ドル/Hフォリント4027円-61円
豪ドル/Iシェケル30-16円-19円
豪ドル/NZドル11-1円-34円
豪ドル/カナダドル5-11円-24円
豪ドル/スイス4-33円-2円
豪ドル/円3-24円-35円
豪ドル/米ドル0.8-49円-39円
香港ドル/円40-27円-49円

商品先物

貴金属

銘柄
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
WTI原油4-120円-128円
ガソリン50-265円-282円
ヒーティングオイル20-268円-285円
ブレント原油4.5-92円-98円
天然ガス0.3-209円-222円

エネルギー

通貨ペア
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
Dクローネ/円50-34円-40円
NZドル/カナダドル4-40円-11円
NZドル/スイス4-71円20円
NZドル/円3-51円-29円
NZドル/南アランド200-61円-309円
NZドル/米ドル2-42円-37円
Nクローネ/Sクローナ3-35円3円
Nクローネ/円40-30円-23円
Pズウォティ/Hフォリント14-21円-26円
SGドル/円250-36円-52円
Sクローナ/円45-21円-33円
カナダドル/Hフォリント4022円-60円
カナダドル/Iシェケル30-24円-14円
カナダドル/円2-31円-33円
スイス/Hフォリント5062円-113円
スイス/Iシェケル300円-51円
スイス/Nクローネ2625円-76円
スイス/Pズウォティ2659円-111円
スイス/カナダドル46円-58円
スイス/トルコリラ80388円-760円
スイス/円2-8円-44円
スイス/南アランド200-57円-311円
スウェーデンクローナ/デンマーククローネ2.8-23円-9円
トルコリラ/Hフォリント36-254円117円
トルコリラ/円70-161円-67円
ポンド/Dクローネ26-33円-6円
ポンド/Hフォリント7026円-64円
ポンド/Iシェケル60-20円-18円
ポンド/NZドル11-5円-34円
ポンド/Pズウォティ3224円-62円
ポンド/カナダドル4.5-15円-23円
ポンド/スイス3-39円1円
ポンド/トルコリラ250-85円-564円
ポンド/円2.3-27円-38円
ポンド/南アランド30099円-217円
ポンド/米ドル1-42円-45円
ポンド/豪ドル8-22円-16円
ポーランドズウォティ/スウェーデンクローナ9-25円-14円
ポーランドズウォティ/デンマーククローネ7-94円47円
ポーランドズウォティ/ノルウェークローネ9-55円8円
ユーロ/Cクローネ2590円-145円
ユーロ/Dクローネ18-31円-24円
ユーロ/Hフォリント4053円-107円
ユーロ/Iシェケル40-13円-14円
ユーロ/NZドル49円-64円
ユーロ/Nクローネ2814円-68円
ユーロ/Sクローネ28-19円-36円
ユーロ/インドルビー120123円-177円
ユーロ/オフショア人民元45-21円-106円
ユーロ/カナダドル4-6円-48円
ユーロ/スイス2-40円-15円
ユーロ/トルコリラ90-182円-813円
ユーロ/ポンド1.1-12円-43円
ユーロ/ロシアルーブル247.8123円-445円
ユーロ/円12-21円-52円
ユーロ/南アランド100120円-237円
ユーロ/米ドル0.7-51円-87円
ユーロ/豪ドル3-16円-38円
ユーロ/Pズウォティ2450円-104円
南アランド/円90-235円19円
米ドル/Cクローネ2562円-109円
米ドル/Dクローネ20-42円-5円
米ドル/Hフォリント3530円-77円
米ドル/Iシェケル30-27円-20円
米ドル/Nクローネ26-4円-43円
米ドル/Pズウォティ1427円-74円
米ドル/SGドル4-17円-30円
米ドル/Sクローネ25-32円-15円
米ドル/インドルビー8093円-140円
米ドル/オフショア人民元4037円-147円
米ドル/カナダドル2-21円-26円
米ドル/スイス1.5-50円-33円
米ドル/トルコリラ65-148円-709円
米ドル/メキシコペソ8142円-318円
米ドル/円0.8-37円-25円
米ドル/南アランド90-21円-348円
米ドル/露ルーブル213.889円-451円
米ドル/香港ドル25-57円--53円
英ポンド/スウェーデンクローナ35-25円-14円
英ポンド/ノルウェークローネ35-1円-37円
豪ドル/Hフォリント4027円-61円
豪ドル/Iシェケル30-16円-19円
豪ドル/NZドル11-1円-34円
豪ドル/カナダドル5-11円-24円
豪ドル/スイス4-33円-2円
豪ドル/円3-24円-35円
豪ドル/米ドル0.8-49円-39円
香港ドル/円40-27円-49円

その他穀物など

銘柄
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
ココア4-195円-208円
コーヒー20-129円-137円
コーン60-100円-107円
大豆100-164円-174円
小麦40-183円-195円
砂糖1.5-124円-132円
綿8-214円‐228円

株式

株価指数

銘柄
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
FANG+3.75-163円-161円
USDX2.9-107円-106円
VIX16.5-16円-15円
イギリス1002.53-79円-79円
イタリア4040.6-76円-83円
インド503.6‐116円-114円
オランダ2512.2-103円-112円
オーストラリア2003.44-59円-59円
ギリシャ20832-81円-88円
サウジ全株指数6.81-107円‐115円
シンガポール2516-120円-120円
スイス204.12-148円-158円
スペイン352.3-65円-71円
トルコ1001.2393円-528円
ドイツ402.2-115円-125円
ドバイ指数2.86-59円-59円
フランス402.4-97円-106円
ブラジル6042183円-558円
メキシコ3536.47-38円-186円
ヨーロッパ502.98-93円-101円
中国A507.1-150円-148円
中国SSE1.59-114円-251円
中国SZSE6.51-120円-264円
南アフリカ4024-32円-729円
日本1000.51-133円-137円
日本225(円)11.6-91円-93円
日本225(米ドル)24.7-122円-120円
日本4005.18-89円-91円
米国2000118-108円-107円
米国305.35-157円-155円
米国5000.92-150円-148円
米国テック1003.17-180円-178円
韓国20014-91円-133円
香港5010.5-14円-13円

株式

株式の配当金

株式の取引をする際は配当金の配当日及び配当額を気にしなくてはいけない。配当は支払われる日時にポジションを保有していると発生し、ロングポジションの場合はポジション量に応じて支払われ、シュートポジションの場合は逆に口座から引かれる。

ETF

銘柄
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
EAFA16-149円-159円
IOP13.8-146円-155円
アジア太平洋(除く日本)17.4-145円-155円
エマージング・マーケット10.3-148円-159円
グローバル21.16-152円-162円
グローバル・カンナビス2.8-161円-172円
グローバル・ゴールド・マイナーズ×239.6-153円-163円
グローバル・ブロックチェーン11.1-153円-163円
グローバル・リチウム&バッテリー18.4-147円-157円
グローバル・ロボティクス7.7-152円-162円
ゴールド・トラスト33.5-151円-161円
シルバー・トラスト4.4-152円-162円
ジュニアゴールドマイナーロング×254.5-156円-166円
ドイツ30ファンド26.8-167円-146円
ブラジルファンド6-150円-160円
中国トップ50ロング×32.4-155円-165円
中国大型株8.2-151円-161円
原油ファンド11.51-147円-157円
日本13.9-149円-159円
日本225ETF61.15-162円-152円
日本225ショート×20.75-161円-152円
日本225ロング×233.33-161円-151円
米クラウド・コンピューティング22.8-153円-164円
米セミコンダクター55-152円-162円
米国100ロング×362.6-151円-161円
米国2000ファンド46.8-151円-162円
米国30トラスト71.8-150円-160円
米国500トラスト92-150円-160円
米国500ロング×355.7-151円-161円
米国500小型株23.2-152円-162円
米国エネルギー29-152円-162円
米国テクノロジー32.3-151円-161円
米国テック100大型信託77.4-152円-162円
米国バイオテク32-151円-161円
米国ファンド47.6-151円-162円
米国ヘルスケア27-152円-163円
米国不動産22-150円-161円
米国公共事業13.4-141円-150円
米国好配当24-152円-162円
米国生活必需品14.3-143円-153円
米国金融8.1-147円-157円
米国金融ロング×3145.2-152円-162円
米国銀行11.4-149円-159円
英国6.8-148円-158円
韓国16-145円-155円
韓国トップ50ロング×35.3-152円-162円

仮想通貨

銘柄
スプレッド
(Pips)
スワップポイント
(売り)
スワップポイント
(買い)
EOS414-13円-25円
FTXトークン127.6-12円-24円
UNUS SED LEO647-12円-23円
Wrapped Bitcoin1256.5-27円-52円
アイオタ76-12円-24円
アクシーインフィニティ326.3-11円-22円
アバランチ173.3-13円-25円
アーベ642-12円-24円
インターネットコンピューター41-13円-25円
イーサリアム23.65-11円-23円
イーサリアムクラシック48-12円-24円
エルロンド640.9-12円-23円
カルダノ106.5-12円-23円
クサマ986-12円-23円
クリプドットコム71.7-13円-25円
コスモス71.2-12円-24円
シータ1496-12円-24円
ステラ20-12円-24円
ソラナ485.8-12円-23円
ダッシュ234.4-12円-25円
チェーンリンク64.5-13円-25円
テゾス1271-12円-24円
テラ101.6-13円-25円
トロン5.5-12円-24円
ドージコイン26.9-12円-24円
ネオ24.5-13円-25円
バイナンスコイン488-12円-23円
パンケーキスワップ40.9-11円-22円
ビットコイン181.83-26円-42円
ビットコイン/イーサリアム12.7-825円-819円
ビットコイン/ライトコイン282.7-414円-409円
ビットコインSV338-12円-23円
ビットコインキャッシュ528-13円-25円
ファイルコイン125.1-12円-24円
ポルカドット50.5-12円-24円
メイカー59.51-13円-25円
モネロ296.8-12円-23円
ユニスワップ50.8-11円-22円
ライトコイン173.7-13円-25円
リップル162.9-24円-47円
ヴィチェーン31.3-13円-25円

スプレッド・スワップポイントの確認方法

リアルタイムスプレッドの確認方法

iFOREXは海外FXブローカーでは珍しく、独自の取引プラットフォームを使っている。この独自の取引きプラットフォームはシンプルで情報量も多いのだが、残念ながら現在のスプレッドの表示機能がない。

そのため、リアルタイムのスプレッドは「売り」と「買い」の現在値から計算するしか方法が存在しない。しかし、iFOREXは平常時ならば、スプレッドの変化が少ない傾向のFXブローカーなので、上記の一覧表やホームページで確認したスプレッドを参考にして問題ないだろう。

スワップポイントの確認方法

iFOREXのスワップポイントは取引プラットフォームで確認可能だ。

iFOREX スワップポイント確認画面

取引プラットフォームでスワップポイントを確認したい銘柄を選ぶ。「取引タグ」が表示されるので、「商品情報」をクリックすれば確認できる。

iFOREXのスワップポイントは全て円換算で表示されている。そのため、取引コストを計算する場合は【スワップポイント(円換算)×取引量(Lot)】となる。

スプレッドが広がる時間帯とタイミング

iFOREXは以下の3つの時間帯やタイミングにスプレッドが広がりやすい。

  • 経済指標発表の前後
  • 突発的なイベント時
  • 取引量が少ない時間帯

この時間帯やタイミングにスプレッドが広がる主な原因に流動性の低下が挙げられる。

流動性の低下とは簡単に言えば、取引相手がいない状態だ。取引相手がいなければブローカーが注文を受けてもカバー先を見つけられず、ブローカーが大きな損失を受ける可能性がある。この損失を防ぐためにスプレッドを広げ、取引相手の範囲を広げ、リスクを回避しているわけだ。

また、上記3つの時間帯やタイミングは突発的な値動きも多くなり、スプレッドが広がったことによるロスカットの危険性なども非常に高くなると考えられるので、取引の際には十分注意してもらいたい。

経済指標の発表の前後

アメリカの雇用統計など重要な経済指標の発表の前後はスプレッドが広がりやすい時間帯だ。スプレッドが広がる要因は経済指標の前後に相場では次のことが起こっているためだ。

重要な経済指標の発表前

突発的な値動きに備え投資家が取引を控え始める、つまり相場の流動性が下がるため、スプレッドが広がりやすい。

重要な経済指標の発表後

価格が一方向に大きく動き、売り手・買い手のバランスが取れなくなる。そのため、ブローカーが注文をさばけなくなるリスクを避けるためにスプレッドを広くして対処している。

また、重要な経済指標の発表前後はファンダメンタルズ要素が強い時間帯のため、テクニカル分析中心のトレーダーは新規の取引を控えたほうが懸命だろう。

突発的なイベント時

世界経済に影響を与えるほどの災害や戦争、要人発言があった場合もスプレッドは広がりやすい。特にレバレッジ規制がかかるほどのイベントがあった場合は値動きも通常と異なりスプレッドの変化も激しいと認識し、様子見に徹した方が良いだろう。

取引量が少ない時間帯

取引量が少ない、つまり相場参加者が少ない時間帯は、当然流動性も低くなりスプレッドが広がりやすい傾向にある。取引量が少ない時間帯として次の時間が考えられる。

平日の朝6時~7時(冬時間は朝7時~8時)

この時間帯はニューヨーク市場がクローズし、東京市場がオープンしていない時間帯だ。この時間帯は基本的に取引参加者も少なく、1日の切り替わりのため各社のスプレッドが異常に広くなる。そのため、新規注文は控えるとともに長期トレードは資金管理に十分注意する必要がある時間帯と言える。

マーケットオープン・マーケットクローズ

日本時間の土曜日早朝のマーケットクローズ直前の駆け込み取引。月曜日早朝のマーケットオープン直後の極端な注文。マーケットオープン・マーケットクローズ時には上記のような取引が多いため、スプレッドが広がる傾向にある。

iFOREXは他の海外FXブローカーより1時間早く1日が切り替わるので、上記2つの時間帯のスプレッド変化は穏やかな方だが、それでも予想できない値動きの時間帯と言えるため、注意してもらいたいと考える。

また、クリスマス時期や年末年始、三大市場がある地域が祝日などの場合も取引量が少なくなりスプレッドが広がりやすいことは覚えておくべきことだろう。

スワップポイント付与時間

iFOREXのスワップポイント付与時間は銘柄ごとに若干異なっている。各銘柄の付与時間は取引プラットフォームの「取引きタグ」の「オーバーナイト金利」に記載している。

iFOREX スワップポイント付与時間

また、スワップポイントは毎週金曜日のスワップポイント付与時間に土日分のスワップポイントをまとめ付与される。つまり、週末を跨ぐポジションを持っていた場合、金曜日に3日分のスワップポイントが付与されるわけだ。

これはマイナススワップの場合も適用されるので、長期トレードの場合は注意してほしい事項だ。ちなみに、仮想通貨については土日も取引を行っているので、スワップポイントがまとめて入る日は無いことを付け加えておく。

iFOREXの注意点

スプレッドは狭いがスキャルピングは禁止事項

iFOREXは特別な口座を作らなくてもスプレッドが狭い銘柄が多いが、スキャルピングを禁止事項としている。

iFOREXの禁止事項

1日に10回から数百回に及ぶ取引

取引量は明言されていないが、上記の行為と判断されると「利益の取り消し」や最悪「口座凍結」の可能性があるわけだ。この禁止事項はiFOREXがDD業者であることが大きな理由だろう。

DD業者は「トレーダーの損失が会社の利益」「トレーダーの利益が会社の損失」となる利益形態だ。そのため、短時間で大きな取引による急激な損失を減らすためのルールと考えられる。

iFOREXのスプレッドの狭さは、「特殊な口座を開設しなくても、デイトレードの以上の取引コストを安くできる」くらいに考えていたほうが丁度良いだろう。

日を跨ぐトレードはレバレッジ制限に注意

iFOREXは銘柄のほとんどは、取引時間外はレバレッジが約半分に制限されるルールがある。そのため、日を跨ぐトレードの場合は制限されたレバレッジに対応できる証拠金を準備しておかなければいけない。

iFOREX 取引時間外のレバレッジ確認方法

取引時間外のレバレッジは「取引タグ」の「時間外必要証拠金」部分より計算可能だ。

取引時間外レバレッジ計算方法

計算式:1÷「時間外必要証拠金(%)」=取引時間外のレバレッジ

計算例:USDJPY 時間外必要証拠金0.5%

1÷0.5%=200倍

各銘柄の取引時間についても「取引タグ」の左下に記載してあるので同時に確認しておくべきだろう。

総評

iFOREXは海外FXブローカーの中では比較的取引コストが安い分類に入る。しかし、全ての銘柄が安いわけではないので、銘柄ごとに比較して取引すると良いだろう。

また、取引コストを気にするのなら、iFOREXより国内FXブローカーを選択したほうが良いわけだが、iFOREXはハイレバレッジ、追証無し、ロスカット水準0%など、取引しやすい環境を持っている。

そのため、スプレッドやスワップポイントだけでなく、総合的に考えて自分の取引スタイルにあっているのなら、iFOREXを選択してみてはどうだろうか。


著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀

目次
閉じる