Gemforexの口座タイプ

Gemforexは「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」「レバレッジ5000倍口座」の3つの口座タイプを用意しており、それぞれ特徴がある。Gemforexで取引を始める際には自分に合った口座タイプを選ぶ必要があるだろう。

このページではGemforexの口座タイプの違いや注意点を解説するととともに、口座タイプ別の使い方の一例を紹介する。

Gemforexの口座タイプを比較

口座名オールインワン口座ノースプレッド口座レバレッジ5,000倍口座
基本通貨USD
JPY
USD
JPY
JPY
最低ロット
(1Lot/100,000通貨)
0.01Lot0.01Lot0.01Lot
最大保有ポジション30Lot30Lot30Lot
レバレッジ1,000倍1,000倍5,000倍
最低入金金額100円(1ドル)30万円(3,000ドル)入金上限10万円
取引手数料スプレッドのみスプレッドのみスプレッドのみ
ボーナス適応外適応外
利用制限利用制限なしEA・ミラートレード利用不可人数制限あり
利益100万まで
EA・ミラートレード利用不可

Gemforexの3つの口座は口座維持手数料は無料だ。

口座は1アカウントで5口座まで持つことができるが、90日以上取引のない口座は毎月1,500円の口座維持手数料が口座残高から引かれる。

また、Gemforexの提供するどの口座も追従無しのゼロカットシステムに対応している。

以下で各口座の違いの詳細を解説する。

ボーナスの受け取り条件

Gemforexの特徴の一つに豊富なキャッシュバックボーナスがある。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金100%キャッシュバックボーナス
  • 入金1,000%ジャックポット

ボーナスはそのままでは出金できないが、利益となった場合は出金可能だ。

これらのボーナスは3つの口座タイプの内、オールインワン口座でのみ受け取りが可能になっている。

そのため、Gemforexの口座を初めて作る際、ノースプレッド口座やレバレッジ5,000倍口座を選択すると口座開設キャッシュバックも受け取ることができないので注意が必要だ。

スプレッド

通貨ペアオールインワン口座ノースプレッド口座レバレッジ5,000倍口座
USD/JPY1.50.30.2
EUR/JPY1.70.50.4
GBP/JPY2.21.00.9
AUD/JPY2.30.61.0
EUR/USD1.80.30.5
GRP/USD2.41.31.1
AUD/USD2.50.31.2
GOLD3.42.12.1

(スプレッドの単位はPips)

この比較表は2021年9月12日のGemforexホームページより抜粋した主要通貨ペアのスプレッドだ。

Gemforexは変動スプレッドのため、比較の参考程度に考えてほしい。

各口座のスプレッドだが、オールインワン口座は海外FXブローカーの中では平均的なスプレッドと考えてよい。

一方、ノースプレッド口座、レバレッジ5,000倍口座のスプレッドは狭い。

Gemforexはスプレッドの狭い口座でも取引手数料が発生しないため、「スプレッド=取引コスト」となる。

そのため、ノースプレッド口座・レバレッジ5,000倍口座は主要通貨ペアに関して言えば、国内FXブローカー並みの取引コストと言える。

最低入金金額

オールインワン口座ノースプレッド口座レバレッジ5,000倍口座
最低入金額100円(1ドル)30万円(3,000ドル)入金上限10万円

オールインワン口座の最低入金額は何ら問題ない。

ノースプレッド口座の最低入金額30万円は初心者には少し敷居が高い印象だ。

レバレッジ5,000倍口座は少し特殊で、他の口座からの資金移動でのみ入金が可能で最低入金額の設定はないが入金上限が10万円までの制限がある。

レバレッジ5,000倍口座はレバレッジが5,000倍に固定のため、10万円でも十分な取引きが可能だ。

しかし、累積利益と併せた含み益が100万円になった時点で強制的にポジションを解消される、つまり1度に100万円までしか稼げないため大きく稼ぐことが難しい口座と言える。

EA・ミラートレード

GemforexはGemforexの前身である「ゲムトレード」より続けている無料提供のEA(自動売買)・ミラートレードを自由に使うことができる。

しかし、ノースプレッド口座、レバレッジ5,000倍口座ではGemforexが提供しているEA・ミラートレードを使うことができない。

GemforexのEAやミラートレードに興味を持っているトレーダーは、オールインワン口座一択と言うことになる。

各口座タイプの詳細

ここでは本サイトの考えるGemforexの各口座の使い方の一例を紹介する。

Gemforexの口座を開設するときの参考にしてほしい

オールインワン口座

Gemforexのオールインワン口座は他の海外FXブローカーの標準的な口座と比べても平均的な口座だ。

オールインワン口座の特徴
・Gemforexが提供するEA・ミラートレードを使うことができる・各種ボーナスを受け取ることができる・スプレッドは海外FXの中では標準的

Gemforexのオールインワン口座は最低入金額もFX初心者の負担にならないこともあり、Gemforexで初めて口座を開く場合からベテラントレーダーまで問題なく使うことができるメイン口座と考えてよいだろう。

ノースプレッド口座

Gemforexのノースプレッド口座は実際にはスプレッドがあるが、非常に狭いスプレッドで提供している口座だ。

ノースプレッド口座の特徴
・レバレッジ1,000倍・スプレッド以外の取引コスト無し・最低入金額30万円から・ボーナスの対象外・Gemforexが提供するEA・ミラートレード利用不可

ノースプレッド口座の最大の特徴はスプレッドが狭いにもかかわらず、取引手数料が別途かからず、レバレッジもオールインワン口座と同じ条件で1,000倍のままなことである。

これは各条件が違うので単純な比較は難しいが、海外のFXブローカーの中では珍しい設定だ。

このため、スプレッドをできるだけ抑えたい短期取引を低資金で取引できる口座と言える。

しかし、最低入金金額が30万円からとなるため、FX初心者には少しきつい設定と言わざるを得ない。

Gemforexのノースプレッド口座はボーナスを必要とせず、スキャルピングなどの短期取引を裁量トレードのみで勝負をする中級トレーダー以上が使うことで効果を発揮する口座と言えるだろう。

レバレッジ5,000倍口座

レバレッジ5,000倍口座はGemforexの他の口座とは少し扱いが違う。

レバレッジ5,000倍口座の特徴
・レバレッジが5,000倍に固定・スプレッドがノースプレッド口座並みに狭く、別途取引手数料はかからない・ボーナス対象外・Gemforexが提供するEA・ミラートレード利用不可・入金方法は他の口座からの資金移動のみで最高10万円まで・口座利益が含み益を含めて100万円に達するとポジションが自動に決済され新規注文ができない(口座資金が100万円以下になれば再度注文は可能)・募集人数に制限がある

レバレッジ5,000倍口座は取引コストが安く、損切りルールなどが確立していれば非常に低資金で稼げるチャンスのある口座だ。

だが、先ほど話したように口座資金の上限が100万円までとなっているため、一度に大きく稼ぐには向いていない。

しかも募集人数に制限があり、過去2回募集があったが現在は募集予定なども出ていない。

このような口座なのでイベント的な口座と考え、Gemforexで通常取引する口座はオールインワン口座かノースプレッド口座と考えたほうが無難だろう。

口座タイプによる注意点

Gemforexの各口座を使う際の注意点を記載する。

口座を追加する場合などの確認用に役立ててほしい。

口座タイプによる取扱銘柄

Gemforexの各口座タイプでは取扱っている銘柄に違いがある。

取扱銘柄オールインワン口座ノースプレッド口座レバレッジ5,000倍口座
通貨ペア31銘柄31銘柄31銘柄
貴金属CFD商品2銘柄2銘柄2銘柄
株価指数CFD商品10銘柄取扱い無し取扱い無し
エネルギーCFD商品2銘柄取扱い無し取扱い無し

このようにGemforexで株価指数CFD商品、エネルギーCFD商品の取引をする場合はオールインワン口座のみとなる。

後からの変更は不可

Gemforexは1度口座を開設すると口座タイプや基本通貨の変更はできない。

違うタイプの口座にしたい場合は、Gemforexでは1アカウントで5口座まで持つことができるので新しく口座を作る方法で対処するようにしてほしい。

ボーナスの移動

Gemforexは同じアカウント内の口座間での資金移動を自由にできるが、ボーナス分は移動できない。

しかも、ボーナスの残額が残っている口座から資金の移動や出金をするとボーナスが消滅するルールとなっているので注意が必要だ。

ボーナスはGemforexのマイページで確認できる。

【画像①:ボーナス確認】

Gemforexのユーザーマイページにログイン後「保有口座一覧」を選択。

そうすれば、保有口座リストを見ることができる。

リストの「Credit」欄に記載されている金額がボーナスとなる。

FAQ

-h3:口座タイプの確認方法

違う口座タイプの口座を複数持っているとき、口座タイプの確認はMT4・MT5の銘柄の表示方法で確認できる。

【画像②:銘柄表記】

口座タイプ銘柄表記方法表記例
オールインワン口座銘柄名のみUSDJPY
ノースプレッド口座銘柄名の後ろに「fx」と入るUSDJPYfx

ちなみにオールインワン口座のID・パスワードでMT4・MT5にログインするとオールインワン口座の銘柄しか表示されないが、ノースプレッド口座のID・パスワードでログインするとオールインワン口座の銘柄も選択できるので、チャート表示の際には注意してもらいたい。

-h3:口座の解約方法

使わなくなった口座は口座維持費もかかるので解約したほうが無難だろう。

口座のみの解約はユーザーマイページの右上「開設・入金・サポート」より「お問い合わせ」を開き、文章で解約したい口座情報を入力し解約の旨を伝えれば解約できる。

口座を解約する際には口座内の残高も消滅するので、手続き前に確認しておこう。

-h3:各口座の上限ロッドについて

Gemforexの各口座は口座別に合計で30Lotまでポジションを保有できる。

しかし、Gemforexは1ポジションで10Lot以上の取引きをする場合、取引きをする前にサポートに10Lot以上のポジションを持つことを伝え了承を得る決まりになっている。

連絡を入れないで1ポジション10Lot以上の取引きをした場合、ポジションや利益の無効などのペナルティーを受けるので注意してもらいたい部分だ。

総評

Gemforexは3つの口座を提供しているが、実質は「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2口座と考えて良いだろう。

「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」は特徴がハッキリと分かれているので自分のスタイルに合わせて使えば良い。

しかし、FX初心者は初期費用などのハードルが低いオールインワン口座から始めるのが無難だろう。


著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀