Gemforex(ゲムフォレックス)のレバレッジ|制限や確認方法

Gemforexは日本のFXトレーダーに人気の海外FXブローカーだ。

1,000倍のハイレバレッジで取引きが可能であることが、Gemforexが日本人に支持される理由の一つである。ただし、レバレッジ制限などのルールが当然存在する。

このページではGemforexのレバレッジルールを理解を深めるため、レバレッジ制限や確認・変更方法について解説する。

Gemforexの最大レバレッジ

口座タイプ最大レバレッジ
オールインワン口座1,000倍
ノースプレッド口座1,000倍
レバレッジ5,000倍口座5,000倍

通常開設できる口座は「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」になり、この2口座の最大レバレッジは1,000倍。1,000倍のレバレッジはハイレバレッジを取り扱っている海外FXブローカーの中でも高い部類に入る。

スプレッドを狭く設定している「ノースプレッド口座」でも最大レバレッジ1,000倍を適用している点は大きな特徴である。一概に注文方式などの違いもあるため比較にはならないが、他社ブローカーのECN口座は通常口座よりレバレッジを低く設定するのが普通で、これは珍しいと言える。

また、Gemforexにはレバレッジ5,000倍の「レバレッジ5,000倍口座」の取り扱いがあるが、口座数制限がある。過去2回ほど募集があったが、現在は募集予定は出ていない。また、入金上限10万円までなどの制限が多いため、イベント的な口座と考えたほうが懸命だ。

Genforexでレバレッジが制限されるケース

Gemforexの最大レバレッジは以下の3つのケースの場合に制限される。

・CFD商品によるレバレッジ制限
・有効証拠金残高によるレバレッジ制限
・世界経済に影響を及ぼすイベント発生時の制限

最大レバレッジが制限されれば当然必要な証拠金が増えるリスクが発生する。資金管理に関わってくるのでしっかり理解して深めたい。

CFD商品のレバレッジ制限

GemforexはCFD商品として株価指数10銘柄、エネルギー2銘柄を取り扱っている。この12銘柄は個別のレバレッジが設定されている。

銘柄最大レバレッジ
日経225200倍
CAC40(FRA40)100倍
DAX(GER30)100倍
FTSE100(UK100)100倍
NASDAQ(US100)100倍
US30(DJ30)100倍
US500(S&P500)100倍
ASX200(AUS200)100倍
Euro50(EUSTX50)100倍
Hang Seng50(HK50)66倍
銘柄最大レバレッジ
BRENT66倍
WTI Light Sweet(WTIUSD)66倍

CFD商品の最大レバレッジは他社ブローカーと比べても普通の倍率だ。ちなみに本来貴金属CFD商品に当たるゴールドとシルバーはGemforexでは通貨ペア扱いになっているため1,000倍のレバレッジが適用される。

CFD商品は銘柄ごとに最低必要証拠金も異なる。公式ホームページで確認した上で取引を行おう。

有効証拠金残高によるレバレッジ制限

Gemforexは口座残高が200万円以上になると、自動的にレバレッジが500倍に制限される。事前連絡は一切なくいきなりレバレッジ制限が適応されるが、他社ブローカーと比べるとレバレッジ制限が緩い。

レバレッジ制限は口座残高を200万円以下にすれば自動的に解除される。トレードでマイナス決済となる、口座資金を出金する、別口座に資金を移動するなどの処理をし、処理が確定した時点で最大レバレッジに復帰する。

ただし、口座からの出金、口座間の資金移動をした場合はボーナス残高の消滅、次回ボーナスの制限等を受けるので、口座残高が200万円に近い場合は計画的な資金運用をする必要があるだろう。

世界経済に影響を及ぼすイベント発生時の制限

戦争や自然災害、アメリカ大統領選など世界経済に影響を及ぼす可能性のある出来事が発生した場合、一時的にレバレッジを制限されるケースがある。

ファンダメンタルズ要素が原因でレバレッジ制限がかかる場合はメールでお知らせがくるので、急な相場の変動で大切な資金を失うリスクを避ける意味でも取引きは控えたほうが懸命だろう。

また、レバレッジ規制がかかったタイミングでは、ボラティリティの増加はもちろんスプレッドも大幅に拡大する可能性が高い。取引は控えた方が良いが、取引を行う場合は念頭に入れておこう。

スプレッドに関しては下記ページを参照
Gemforex(ゲムフォレックス)のスプレッド

Gemforexのレバレッジの確認と変更方法

Gemforexはレバレッジ1,000倍で固定のためホームページではレバレッジを確認できず、MT4上での確認が唯一の方法である。

MT4でのレバレッジ確認方法

MT4を開きログインした状態で「ナビゲーター」を開く。口座フォルダ内の口座アカウントにマウスカーソルを合わせると下図のようにレバレッジを知ることができる。

Gemforex レバレッジ確認

CFD商品のレバレッジ計算方法

CFD商品もレバレッジが確認できないので計算が必要になる。

計算式

100÷必要証拠金率=レバレッジ(倍)

必要証拠金率

公式ホームページの「取引条件」→「CFD」で見ることができる。

また、当然レバレッジの変更はできないのでレバレッジの調整は実効レバレッジでするしかない。以下で実効レバレッジでの調整方法を記載する。

実効レバレッジで調整する方法

実効レバレッジは計算で求めることができる。

計算式

本来の取引数量÷有効証拠金=実効レバレッジ(倍)
※有効証拠金(円)=口座残高+評価損益(為替損益+スワップ)

本来の取引量:1Lot10万通貨、1ドル109円の場合、日本円で10,900,000円の取引き
有効証拠金100,000円の場合:10,900,000÷100,000=109倍
有効証拠金50,000円の場合10,900,000÷30,000=363倍

実効レバレッジとはリアルタイムの損益も考慮した口座残高との比率だ。実効レバレッジがGemforexの最大レバレッジに達するとロスカットになる仕組みだ。つまり簡単に言えばLot数を調整して口座残高の数パーセントで取引きすればリスクが少なくなると言うわけだ。

計算式からもわかるように、実効レバレッジが高くなればなるほどハイレバレッジのリスクが前面に出てきてしまう。利益が出てLot数を変える際は実効レバレッジを計算し、無理のない資金計画なのかを確認してから取引きに臨むことがハイレバレッジを有効に使う方法だろう。

総評

Gemforexの1,000倍レバレッジは低資金で大きく利益を得られる可能性のある魅力的な倍率だ。同時にハイレバレッジは大きく負けるリスクもあることを常に認識しなければいけない。

ハイレバレッジは資金管理、損切りルールの徹底など自己管理が重要な取引方法と言ってよい。しかし逆に、自己管理や取引ルールさえ守られていればトレーダーにとってハイレバレッジは有利な条件だ。

自分を律し今ではなく将来の資産形成を考え、Gemforexの1,000倍レバレッジを有効活用してほしいと願う。


著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀