Exness(エクスネス)の出金方法

Exnessの出金方法について教えてください。

Exnessで利用できる出金方法は「銀行送金」「クレジット/デビットカード」「仮想通(Bitcoin, Tether)」「オンラインウォレット(Bitwallet, STICPAY, Perfect Money, Webmoney)」の8種類。どの方法も出金手数料は無料だ。

しかし、Exnessは出金ルールが複雑であり、他海外FX業者とは異なる特徴がある。特に複数の入金方法を利用している場合の出金には注意が必要だ。

本ページではExnessの出金方法の手順、さらに取引前に知っておくべき出金ルールについて詳しく解説する。

目次

Exnessの出金方法一覧

Exnessは以下の8つの出金方法に対応している。

出金方法手数料口座反映時間最低入金額
銀行送金無料1~3営業日205.5ドル
クレジット/
デビットカード
無料数日~2ヶ月3ドル
Bitcoin無料72時間以内3ドル
Tether無料72時間以内3ドル
Bitwallet無料即時1ドル
STICPAY無料即時1ドル
Perfect Money無料即時2ドル
Webmoney無料即時2ドル

なお、「銀行送金は利用できない」という口コミを見かけるが、現在は銀行送金による入出金に対応している。Exnessの出金方法については、マイページの「出金」から以下の出金方法一覧で確認することができる。

Exnessの出金方法一覧

銀行送金での出金方法

過去一時的に停止していたが、2021年10月にはExnessは銀行送金による出金を再開している。ただし、銀行送金の場合は最低出金額が205ドル(1ドル=110円の場合、22,550円)とやや高めの金額設定になっていることに注意しよう。

銀行送金の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「Online bank transfer」を選択し、以下の出金フォームにご希望の出金額をドル単位で入力して入力しよう。

Exnessの銀行送金での出金方法

次に、受取人情報と送金先の銀行口座情報を登録して出金を確定させる。

なお、国際送金の場合は、銀行情報をすべて英語で登録しなければいけない。以下に利用者の多い銀行情報を記載しているので参考にしてほしい。

銀行送金の注意点

銀行送金を利用する際は、国内銀行側での受取手数料が別途発生することに注意しよう。以下に前述した5つの銀行の受取手数料を記載しているので参考にしてほしい。

銀行名着金手数料
楽天銀行2,450円
みずほ銀行2,500円
三井住友銀行1,500円+送金額の0.05%(最低2,500円)
三菱UFJ銀行1,500円+送金額の0.05%(最低2,500円)
りそな銀行1,500円+送金額の0.05%(最低2,500円)

なお、Exnessに限ったことではないが、海外FXを利用する際の入出金方法として銀行送金を利用したい場合は、楽天銀行を利用すると手数料を安く抑えることができるだろう。

クレジット/デビットカード送金での出金方法

クレジット/デビットカード送金は、同カードによる入金履歴がある場合にのみ利用することができる。また、クレジット/デビットカードによる入金額を全額出金した後は、取引によって得た利益分をクレジット/デビットカードに出金することが可能だ。

クレジット/デビットカード送金の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「Bank Card」を選択し、以下の出金フォームにご希望の出金額をドル単位で入力しよう。

Exnessのクレジット/デビットカード送金での出金方法

「続ける」をクリックすると、出金申請の要約情報が表示される。次に、登録しているメールアドレスもしくはSMSで受信した認証コードを使って出金を確定しよう。

なお、クレジット/デビットカード送金による出金は、入金時のキャンセル処理として手続きされるため、カード会社によってカード利用履歴に反映されるまでに最大2ヶ月ほど時間が掛かるケースも珍しくない。

もし、入出金手続きに不安がある場合は、できるだけクレジット/デビットカード送金による入出金方法は避けた方がいいだろう。

クレジット/デビットカード送金の注意点

Exnessはクレジット/デビットカード送金での入出金に対応しているものの、実際には、クレジットカードで入金できないという口コミが多数報告されている。

Exnessはレバレッジ無制限を採用している唯一の海外FX業者のため、投機性の高い取引にクレジットカード送金を利用するリスクは極めて高く、カード会社側が入金制限をかけていてもおかしくはないだろう。

仮想通貨送金での出金方法

ExnessはBitcoin(BTC)とTether(USDT)の2つの仮想通貨に対応している。ただし、仮想通貨送金による出金は、同コインによる入金履歴がある場合のみ利用することができる。

以下では、Bitcon(BTC)による出金手順について解説する。ただし、Tether(USDT)の場合も同様の手順で出金可能だ。

仮想通貨送金の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「Bicoin(BTC)」を選択し、以下の出金フォームに仮想通貨ウォレットの口座番号とご希望の出金額をドル単位で入力しょう。

Exnessの仮想通貨送金での出金方法

「続ける」をクリックすると、出金申請の要約情報が表示される。次に、登録しているメールアドレスもしくはSMSで受信した認証コードを使って出金を確定しよう。

なお、仮想通貨送金による出金は、入金時のキャンセル処理として扱われるため、入金履歴がなければ出金方法として出金することができない。

ただし、仮想通貨で入金した証拠金による取引で利益を出た場合は、仮想通貨へ出金すること可能だ。

仮想通貨送金の注意点

仮想通貨送金を利用する際はマイニング手数料が発生する。そのため、Exnessから仮想通貨送金で出金する場合は、マイニング手数料以上の金額を出金しなければいけないことに注意しよう。

オンラインウォレット送金での出金方法

Exnessは以下の4つのオンラインウォレットに対応している。

上記のオンラインウォレット送金での出金方法を利用する場合は、同オンラインウォレットによる入金履歴がある場合のみ利用可能だ。

Bitwallet(ビットウォレット)の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「Bitwallet」を選択し、以下の出金フォームにご希望の出金額をドル単位で入力しよう。

ExnessのBitwallet(ビットウォレット)の出金手順

「続ける」をクリックして出金申請の要約情報を確認し、Bitwalletの登録したメールアドレスで認証を行い出金を確定しよう。

なお、ExnessとBitwallet間での入出金手数料は無料だが、Bitwalletから銀行へ出金する際は一律824円の出金手数料が発生することに注意しよう。

STICPAY(スティックペイ)の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「SticPay」を選択し、以下の出金フォームにご希望の出金額をドル単位で入力しよう。

ExnessのSTICPAY(スティックペイ)の出金手順

「続ける」をクリックして出金申請の要約情報を確認し、SticPayの登録メールアドレスで認証を行い出金を確定しよう。

なお、ExnessからSticPayへの出金手数料は無料だが、SticPayから銀行へ出金する場合は、送金額の2.5%+0.3ドルの出金手数料が発生することに注意しよう。

Perfect Money(パーフェクトマネー)の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「Perfect Money」を選択し、以下の出金フォームにPerfect Moneyの口座番号とご希望の出金額をドル単位で入力しよう。

ExnessのPerfect Money(パーフェクトマネー)の出金手順

必要情報を入力後、「続ける」をクリックして要約情報を確認しよう。次に、メールもしくはSMSで受信した認証コードを入力し「Confirm withdrawal」をクリックして出金完了だ。

なお、ExnessからPerfec Moneyへの出金手数料は無料だが、Perfect Moneyから銀行へ出金する場合は、送金額の2.5%の出金手数料が発生することに注意しよう。

WebMoney(ウェブマネー)の出金手順

Exnessの出金方法一覧から「Webmoney」を選択し、以下の出金フォームにWebmoneyの口座番号とご希望の出金額をドル単位で入力しよう。

ExnessのWebMoney(ウェブマネー)の出金手順

必要情報を入力後、「続ける」をクリックして要約情報を確認しよう。次に、登録しているメールアドレスもしくはSMSで受信した認証コードを入力し「Confirm withdrawal」をクリックすれば出金完了だ。

なお、ExnessからWebmoneyへの出金手数料は無料だが、Webmoneyから銀行へ出金する場合は、送金額の0.8%の出金手数料が発生することに注意しよう。

オンラインウォレット送金の注意点

Perfect MoneyとWebmoneyを入出金方法として採用している海外FX業者は少なく、さらにこれらのオンラインウォレットは日本語対応が不完全なサービスということは留意しておくべきだろう。

また、あえてマイナーなサービスを利用する理由もないため、他の海外FX業者にも対応しているBitwalletもしくはSTICPAYを利用することをおすすめする。

Exnessの出金ルール

Exnessの出金ルールは他の海外FX業者と少し異なるため注意が必要だ。取引を始める前に、以下の出金ルールを理解しておこう。

  1. 出金は入金時に利用した決済方法のみ利用可能
  2. 出金方法には優先順位がある
  3. 複数の入金方法を利用している場合は同比率で出金する

出金は入金時に利用した決済方法のみ利用可能

Exnessでは、入金時に利用した決済方法からの出金のみ利用することができ、その他の出金方法は利用できない。これは、取引によって得た利益を出金する際も例外ではない。

例えば、クレジット/デビットカード送金で入金した場合、入金額および、取引によって得た利益も含めてクレジット/デビットカードで出金しなければいけない。

一般的に、海外FXではクレジット/デビットカードによる出金上限額は同カードによる入金額までとされているが、Exnessでは入金額分を満額出金した後、同カードに利益分を出金することが可能だ。

つまり、利益であっても入金時と異なる決済方法で出金することはできない。このルールはクレジット/デビットカードに限らず、すべての決済方法に適応される。

出金方法には優先順位がある

複数の入金方法を利用している場合、以下の優先順位を守って出金しなければいけない。

  1. クレジット/デビットカード
  2. 仮想通貨
  3. 銀行送金/オンラインウォレット

例えば、クレジットカードとbitwalletからそれぞれ10万円ずつ入金している口座から出金する場合、先にクレジットカードへ10万円出金するまではbitwalletに出金することはできないことに注意しよう。

複数の入金方法を利用している場合は同比率で出金する

複数の入金方法を利用している場合、出金方法の優先順位に従った上で、利益についてはそれぞれの入金額に対して同比率になるように出金しなければいけない。

例えば、クレジットカードで10万円、Bitwalletで5万円を入金した場合、入金額の比率は2:1だ。この時、利益分を出金する際には入金額の比率に従って出金上限額が決定される。上記の例において、取引により6万円の利益を得たとしよう。この時の口座残高は21万円だ。

合計21万円の口座残高の内訳
  • クレジットカード入金額:10万円
  • bitwallet入金額:5万円
  • 取引により得た利益:6万円

この口座から出金する場合、出金方法の優先順位に従った上で、利益分は入金額の比率に従った上限額を厳守してを出金する。

口座残高21万円の出金手順
  • 手順1:クレジットカードへ10万円出金
  • 手順2:bitwalletへ5万円出金
  • 手順3:クレジットカードへ4万円出金
  • 手順4:bitwalletへ2万円出金

このように、Exnessでは出金ルールが厳しく制限されているため、複数の入金方法を利用している場合の出金手順は複雑になる傾向がある。そのため、できる限り1つの決済方法により入出金することをおすすめする。

FAQ

出金拒否されることはあるか

Exnessに出金拒否の噂は見受けられない。ただし、Exnessは出金ルールが複雑なので、ユーザーのミスで出金エラーが発生する可能性は十分に考えられる。

特に、複数の入金方法を利用している場合は出金時の制限が増えるため、スムーズに出金手続きできないという経験をしているユーザーは多いだろう。

このようなトラブルを避けるためにも、入出金方法はできる限り1つにまとめて資金管理することをおすすめする。

ポジションを保有時でも出金できるか

Exnessではポジション保有時でも出金することは可能だ。

なお、Exnessはロスカット水準が0%のため、出金により保有していたポジションが強制決済されることはないが、出金後の証拠金維持率が0%に近くなる場合は注意しよう。

総評

Exnessの出金ルールは、他の海外FX業者とは少し異なる特徴がある。特に、クレジット/デビットカード送金で出金する際、「入金額を満額出金した後は利益分を同カードに出金することができる」というルールは他の海外FX業者では見受けられないExness独自のルールだ。

ただし、Exnessはクレジット/デビットカードによる入金ができないという口コミがあることは留意しておこう。

また、複数の入金方法を利用している場合は、出金時の制限が増えるため、出金トラブルが発生する可能性が懸念される。このようなトラブルを避けるためにも、入出金方法はできる限り1つにまとめて資金管理することが望ましいだろう。



Exnessのページ一覧

著者情報

トレード歴8年の元証券会社勤務の編集長を筆頭に、複数名の現役トレーダーとサイト情報の更新を行っている。トレーダー目線で偽りのない有益な情報を発信することを心掛ける。また、コンテンツ内には客観的な事実をもとに編集部の見解を述べている。

編集部の詳細はこちら⇀

目次
閉じる