海外FXレバレッジ比較|1,000から3,000倍以上の無制限のメリット・リスク

海外FXブローカーを使用するにあたって最大の魅力といえば、なんと言ってもハイレバレッジだ。

国内FXブローカーでは、2011年8月から最大レバレッジ25倍に規制されているが、海外FXブローカーでは500倍や1,000倍、それ以上のレバレッジを効かせた取引も可能であり、国内FXブローカーの数十倍、数百倍のダイナミックな取引が可能だ。

本稿では、各部門ごとのハイレバレッジランキングとレバレッジ規制について徹底比較した。

Fxpedia AWARD

海外FXブローカーのレバレッジランキング

スクロールできます
FX通貨ペア貴金属エネルギー株価指数仮想通貨
Exness
無制限
Exness
2,000倍
TitanFX
500倍
TitanFX
500倍
FXGT
1,000倍
FBS
3,000倍
FXGT
1,000倍
IFC Markets
400倍
Exness
400倍
Exness
400倍
HotForex
1,000倍
GemForex
1,000倍
Exness
200倍
IFC Markets
400倍
Exclsive Markets
25倍
FXGT
1,000倍
XMTrading
888倍
FXGT
100倍
HotForex
200倍
TitanFX
20倍
GemForex
1,000倍
TitanFX
500倍
Tradeview
100倍
Tradeview
200倍
iFOREX
20倍
IronFX
1,000倍
Tradeview
500倍
iFOREX
100倍
iFOREX
200倍

ランキング上位のブローカー

Exness


圧倒的なレバレッジでランキングを独占

EXNESS
EXNESS 評判
FX通貨

1位
無制限

株価指数

2位
400倍

貴金属

1位
2,000倍

仮想通貨

2位
400倍

エネルギー

3位
200倍

対象口座

スタンダード

TitanFX


FX通貨ペアは物足りないが商品は500倍

TitanFX
TitanFX 評価
FX通貨

8位
500倍

株価指数

1位
500倍

貴金属

5位
500倍

仮想通貨

4位
20倍

エネルギー

1位
500倍

対象口座

スタンダード

FXGT


仮想通貨FXのレバレッジが圧倒的

FXGT
FXGT 評判
FX通貨

3位
1,000倍

株価指数

9位
100倍

貴金属

2位
1,000倍

仮想通貨

1位
1,000倍

エネルギー

4位
100倍

対象口座

ミニ
スタンダード

ランクインしたブローカー

XMTrading


ベーシックなレバレッジ設定

XMTrading
XMTrading レーダーチャート
FX通貨

7位
888倍

株価指数

9
100倍

貴金属

4位
888倍

仮想通貨

-位
取引不可

エネルギー

10位
66.6倍

対象口座

スタンダード

HotForex


FX通貨ペア・株価指数がランクイン

HotForex
HotForex 評判
FX通貨

3位
1,000倍

株価指数

4位
200倍

貴金属

11位
200倍

仮想通貨

-位
取引不可

エネルギー

12位
50倍

対象口座

マイクロ

FBS


FX通貨ペアがランクイン

FBS(エフビーエス)
FBS 評判
FX通貨

2位
3,000倍

株価指数

16位
33倍

貴金属

10位
333倍

仮想通貨

9位
5倍

エネルギー

14位
33倍

対象口座

スタンダード
マイクロ

Tradeview


貴金属・エネルギー・株価指数の3ヶ

Tradeview
Tradeview 評判
FX通貨

8位
500倍

株価指数

4位
200倍

貴金属

5位
500倍

仮想通貨

7位
10倍

エネルギー

4位
100倍

対象口座

X Leverage

FxPro


エネルギー・仮想通貨がランクイン

FxPro
FXPRO 評判
FX通貨

10
200倍

株価指数

9位
50倍

貴金属

8位
200倍

仮想通貨

3位
20倍

エネルギー

3位
100倍

対象口座

cTrader

IFC Markets


エネルギー・株価指数がランクイン

FC Markets(アイエフシーマーケッツ)
ifcmarkets 評判
FX通貨

13位
400倍

株価指数

2位
400倍

貴金属

9位
400倍

仮想通貨

11位
2倍

エネルギー

2位
400倍

対象口座

マイクロ
ビギナー

iFOREX


CFD商品は中々のハイレバレッジ

iFOREX
iFOREX 評価
FX通貨

13位
400倍

株価指数

4位
200倍

貴金属

11位
200倍

仮想通貨

4位
20倍

エネルギー

4位
100倍

対象口座

スタンダード

GemForex


FX通貨ペア・貴金属がランクイン

GEMFOREX
GEMFOREX レーダーチャート
FX通貨

3位
1,000倍

株価指数

9位
100倍

貴金属

2位
1,000倍

仮想通貨

-位
取引不可

エネルギー

10位
66.6倍

対象口座

オールインワン

IronFX


FX通貨ペアがランクイン

IronFX
IronFX 評判
FX通貨

3位
1,000倍

株価指数

9位
100倍

貴金属

11位
200倍

仮想通貨

7位
10倍

エネルギー

12位
50倍

対象口座

Live

Exclsive Markets


仮想通貨がランクイン

Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)
Exclusive Markets 評判
FX通貨

8位
500倍

株価指数

9位
100倍

貴金属

6位
500倍

仮想通貨

3位
25倍

エネルギー

16位
10倍

対象口座

MT4
MT5

MYFX Markets


安定的にハイレバレッジ

MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)
MYFX Markets 評判
FX通貨

5位
500倍

株価指数

5位
100倍

貴金属

4位
500倍

仮想通貨

7位
5倍

エネルギー

3位
100倍

対象口座

プロ

Fxpedia AWARD

Fxpediaが下した本気の比較ランキング

Fxpedia AWARD

Fxpediaでは各ブローカーの評価を元に、様々な角度から比較しランキングを作成した。ブローカーにも様々な特色がある。自身のトレーディングスタイルと照らし合わせてブローカー選びの参考にしてほしい。

レバレッジ規制・制限

ブローカーは、一定条件を満たすと様々な方法で最大レバレッジを規制しているが、その方法・数値は様々だ。一般的な規制方法は”残高”による規制方法だ。Fxpediaでは大きく以下の3つに分けた。

  • 口座残高(証拠金残高)によるレバレッジ規制
  • 有効証拠金残高によるレバレッジ規制
  • 保有取引量によるレバレッジ規制

また、口座残高(証拠金残高)と有効証拠金残高の違いは下記の通りだ。

口座にある現金含み損益 ※1
口座残高(証拠金残高)
有効証拠金残高

※1 クレジットを含む。なおAXIORY・HotForexはクレジットを有効証拠金残高に含まない。

また残高ではなく、保有ポジション量によるレバレッジ規制、レバレッジ規制を明確にしていないブローカー、どのような状況でもレバレッジ規制を行わないブローカーなど個性がひかる。

口座残高(証拠金残高)によるレバレッジ規制

スクロールできます
残高
(USD)
IFC Markets
マイクロ
ビギナー
IFC Markets
スタンダード
GemForex
オールインワン
ノースプレッド
MYFX Markets
全口座
~1,0004002001000500
~5,0004002001000500
~10,0004002001000500
~20,000400200500500
~30,000400200500500
~40,000400200500500
~50,000400200500400
~100,000100100500口座状況による

有効証拠金残高によるレバレッジ規制

スクロールできます
残高
(USD)
XMTrading
スタンダード
マイクロ
XMTrading
ゼロ
AXIORY
スタンダード
ナノ/テラ
Exness
全口座
HotForex
マイクロ
HotForex
プレミアム
ゼロスプレッド
FBS
マイクロ
スタンダード
ゼロ
FBS
セント
FBS
ECN
FBS
仮想通貨
iFOREXFXGT
スタンダードFX
Land-FX
Live
Land-FX
ECN
Exclusive Markets
全口座
~1,000888500400200010005002000100050054001000500200500
~5,000888500400100010005001000100050054001000500200500
~10,0008885004001000100050050050050054001000500200500
~20,000888500300100010005005005005005400500500200500
~30,00020020020050010005005005005005400200500200500
~40,00020020010050010005002002002005375200500200500
~50,00020020010050010005002002002005300100200100500
~100,00010010010050010005002002002005150100100100500

※ XMTrading、Exclusive Marketsは口座単位ではなく、1アカウントの有効証拠金残高による規制となる。

保有取引量によるレバレッジ規制

レバレッジ規制が入る状況を明確にしていないブローカー

口座の状況によりレバレッジ規制を受けないブローカー

大半のブローカーでは、各残高や保有取引量により最大レバレッジの規制を設けているが、Tradeviewでは、資金が10億円ほどになると最大レバレッジ100倍への変更依頼がくる場合がある。しかしレバレッジ規制ではなく、あくまでも変更依頼であるため、顧客の許可なしに最大レバレッジが制限されることはない。

また、TitanFXはTradeviewのようなレバレッジ変更依頼も行わないため、残高やポジション状況により最大レバレッジが変化することはなく、資金管理が複雑になる可能性を軽減することができる。また、レバレッジ規制を逃れる為に複数口座開設をする必要もない。

レバレッジとは

leverage(レバレッジ)とは、和訳すると「てこの力」という意味を持っており、レバレッジを効かせることにより本来の資金以上の資金を運用することが可能となる。つまり、低資金で高額の取引が可能だ。

レバレッジの効果

国内FXブローカーでは、金融庁の規制により最大レバレッジ25倍に制限されているが、海外FXブローカーの多くは200倍以上のハイレバレッジが使用可能となっている。

レバレッジの計算方法と使用例

レバレッジは以下の計算式で算出することができる。

レバレッジ=(現在レート×取引数量)÷必要証拠金

必要証拠金とは、ポジションを保有する際に必要な資金を指す。単に証拠金という場合は取引口座に入金している現金、つまり口座残高を指す。また、国内FXブローカーでは保証金と呼ぶ。

仮に10万円の資金でUSDJPYを1ロット(海外FXブローカーでは基本1ロット=10万通貨)を100.000からロングしたとしよう。

この取引では(100.000×100,000)÷100,000=100倍のレバレッジを使用したことになる。その後、105.000で決済した場合、100.000から105.000の差額は5円であり、100,000ドル×5円=50万円の利益を得たことになる。

しかし、もしレバレッジが使用できないのであれば、そもそもこの取引は成立しない。なぜならエントリー時のレートは100,000米ドル=10,000,000円であるため、990万円足りないのだ。

このことから、レバレッジを使用できないのであれば下記の選択肢となる。

  1. 資金を990万円以上追加入金して1ロットエントリー
  2. そのまま10万円の資金で0.01ロットでエントリー

ちなみに、上記と同じ100.000エントリー/105.000イグジットをした場合、①は50万円の利益、②は5,000円の利益となる。つまり、レバレッジ100倍で取引した上記の例と①は全く同じ内容の取引となるが、資本は1/100で済むのだ。

と、ここまで利益が出た前提の説明しかしておらず夢のある話に聞こえるが、損失が出た場合も全く真逆のことが起こることもしっかり理解するべきだ。つまり、上記の例の正反対である95.000まではポジションを保有することはできず、99.000時点で残高不足となる。

ロスカットとは

ロスカットとは、定められた数値(%)に達した場合、強制的にポジションを決済する機能を指す。この数値をロスカットレベルもしくは証拠金維持率と呼ぶ。

証拠金維持率

ロスカットレベルの計算方法と使用例

ロスカットレベルは以下の計算式により算出される。

ロスカットレベル=(証拠金+含み損益+クレジット)÷必要証拠金×100

ちなみに証拠金+含み損益+クレジットのことを総じて有効証拠金と呼ぶ。

上記のUSDJPYの例だとロスカットレベル0%の口座で取引をしていた場合、為替レートが99.001までは保有可能だが99.000となった瞬間ロスカットが執行(というよりも口座残高がゼロ)、ロスカットレベル50%の場合は99.500でロスカット執行、100%の場合はポジションを保有したい時点でロスカットレベル100%のためそもそもポジションを保有できない。

つまり、ロスカットレベルが高いほど証拠金を失うリスクは抑えられるがロスカットが執行されやすくなり、ロスカットレベルが低いほど証拠金ギリギリまでポジションを保有することが可能な反面SL(ストップロス)を入れないと証拠金を大幅に削るリスクがある。

国内FXブローカーの多くはロスカットレベル100%〜50%に設定されており、海外FXブローカーは20%が平均的なレベルだが、中には100%%や0%といった口座も存在する。

海外FXブローカーのロスカットレベル比較表

ロスカットレベルブローカー
100%Tradeview:全口座
80%FBS:仮想通貨口座
50%IronFX:STP/ECN口座
FxPro:全口座
ロスカットレベルが高い口座
ロスカットレベルブローカー名/口座名
0%exness:全口座
iFOREX
10%HotForex:マイクロ口座
IFC Markets:全口座
ロスカットレベルが低い口座

追証とゼロカットシステム

追証とは

追証(おいしょう)とは追加保証金の略であり、保証金(証拠金・口座残高)以上の損失が発生した場合、追加で保証金を入金しなくてはいけないシステムまたはその金額を指す。

追証は、予期せぬ暴騰暴落やサーバーなどのシステム障害によりレートが窓を開け値が飛んでしまった場合に起こることが一般的だ。

追証になるケース

先ほどの例を用いてロスカットレベル50%の場合で説明する。99.500の時点で本来はロスカットが執行されるはずだが、大暴落の末95.000で決済されたとしよう。

この場合損失は50万円となるが保証金は10万円しか入金していないため、残りの40万円をブローカーに入金しなくてはならない。この40万円が追証となる。

また、今回の例ではレバレッジ100倍だが、仮にレバレッジ1,000倍で取引を行っていた場合、当然損失も10倍の500万円となり、追証も490万円と膨れ上がる。

2015年1月15日に起きたスイスフランショックが記憶に新しく、追証は義務であるため預金口座差し押さえや追証が払えず命を絶った事例もあった。

ゼロカットシステムとは

はっきり言って追証はトレーダーにとって全くメリットのない地獄のシステムだが、この追証が発生しないシステムこそがゼロカットだ。

証拠金以上の損失が発生した場合

ゼロカットシステムとは、証拠金残高がマイナスとなった時(上記の例では40万円)、ブローカーがマイナス分を負担する(トレーダーの負債を買い取る)ことによりトレーダーは証拠金残高はゼロとなるが、証拠金以外の損失が出ないシステムを指す。

ゼロカット実装ブローカーであれば、トレーダーにとって最高マイナス金額=保証金となるが、ゼロカットが実装されていない追証ありブローカーの場合、最高マイナス金額=無制限となる。

このことからもトレーダーにとってゼロカットはメリットしかなく、追証はデメリットしかないことは分かっていただけただろう。逆に言えば、ブローカーにとってはトレーダーの損失分を被るためマイナスでしかないシステムとなる。

ゼロカット実装ブローカーと注意点

トレーダーにとって必要不可欠なシステムであるゼロカットだが、国内FXブローカーでは実装ブローカーは存在しない。なぜなら、金融庁が定める法律ではトレーダーの損失の補填が禁止されているからだ。それに対し、海外FXブローカーの大抵がゼロカットを実装している。

「海外FXブローカーはレバレッジが高くて危険」といった意見をよく耳にする。しかし個人的には、ハイレバレッジで口座残高を溶かすよりもローレバレッジで口座残高以上の未知数の負債を抱える可能性がある国内ブローカーの方が明らかに危険だと考える。

そもそもトレーダーの損失の補填を禁止する理由はトレーダーのためではなく、ブローカーを守る法律であり、トレーダーである我々には全く利点がないどころか損失でしかない。

また一部ではあるが、FXDDBigBossのFOCREX口座の様にゼロカットを実装していないといった例外もある。LandFXは「基本的にはマイナス残高は顧客が負担するものとし、サービスの一環で審査の上、Land-FXが負担する」とし、TitanFXも株式と仮想通貨の取引で口座残高がマイナスとなった場合は「原則適用」としているため、追証の可能性がゼロではないことを示唆している。

また、これらのブローカーでなくともゼロカットはブローカーにとって損失でしかないことから、悪質な取引や規約違反などが発覚した場合、ゼロカットの執行を拒否、すなわち追証の請求や口座凍結・出金拒否などの処分を受ける可能性がある。

FAQ(よくある質問)

レバレッジが一番高いブローカーはどこか
レバレッジは何倍がおすすめか

重要なのは口座レバレッジの倍数ではなく、実効レバレッジがどのくらいかかっているかだ。逆に言えば実効レバレッジがコントロールできているのであれば、口座レバレッジがどんなにハイレバレッジでも全く気にすることはない。

また、最大限ハイレバレッジトレードをしたいのであれば、ゼロカットシステムが実装されている口座で、最悪失っても生活に支障がない金額のみ取引口座に入金していることが大切。

実効レバレッジと口座レバレッジの違いは何か
  • 実効レバレッジ:純資産額(証拠金残高)に対して現在のポジションが何倍に達しているのかを示した数値を指す。
  • 口座レバレッジ:口座ごとに定められた最大レバレッジを指す。

総評

よくレバレッジは「諸刃の剣」に例えられる。両刃の剣は両面で相手を切ることが可能な一方、振り上げると自分も傷つける恐れがあり、強力だが自身に損害を与える危険性もあることの例えだ。

このような背景からハイレバレッジに否定的な投資家も一定数存在するが、筆者はそうは思わない。

確かに全裸で闇雲に両刃の剣を振り回しているのであれば確実に危険だ。しかし、リスクのある武器を扱っていることを自覚し、防具を身に纏い、普段からその武器を扱う鍛錬をしているのであればこの上ないメリットを大いに生かせる。

防具=ゼロカット・SL(ストップロス)、鍛錬=経験・知識と言えよう。

むしろ否定的なのはレバレッジではなく、追証の方だ。口座残高が全て没収された上にさらなる支払いを義務付けられ、その金額も底辺が定められていない。ブローカーに追証を支払はなければいけない法律は、トレーダーを守るための法律ではなく、国内FXブローカーを守るための法律だ。トレーダーには全くメリットはない。

このような地獄のシステムが存在するにも拘らず、平気で「国内FXブローカーは低レバレッジで安全、信託保全で顧客の資金は守られている」と言い切る人が後を絶たない。

結論、レバレッジを使用するのであれば追証が発生しないゼロカットシステム実装ブローカーを強くおすすめする。

ゼロカットに関してはトレーダーの努力でどうにかできる問題ではない。当たり前だが、ハイレバレッジになればなるほど防具と鍛錬が必要不可欠となることを忘れてはいけない。